2020年09月30日

未来新潟

新潟三越の跡地をめぐって、効果的な再開発の議論が施されているという。

過去より、古町の象徴的な商業施設の多くは、跡形もなく姿を消したり、形を変えたりした。
その間、新潟市の支援策を受け、コメリ書店や西堀ローサのテナント誘致など、地上も地下も好条件で出店が相次いだもの、容器と中身が伴わなかったせいか、悪いサンプルを見せられた。
その結果、店は潰れたというより 「儲からないエリア」 として、負のイメージが拡大した。

見通しを考えると、僕なりにひとつの目安を置いている。
まず、有力な 「フランチャイズチェーンの出店がない」 こと。
何を意味するかというと、FC本部なら自社の規格に則った商圏調査をして、競合店の有無や消費者の動向を考察して出店地を決めるほどの 「立地産業」 である。
更に、家賃交渉や設備投資も抑えて、人件費や広告費も削り、メーカーなどからの協賛金も募る。
絶対条件は、人口の少ない斜陽エリアには、リスクを冒してまで出店はしないこと。

あえてやるにしても、物件やエリアがどうであれ、最悪の中の最善策をとる流れは変わらない。
だが、それをやりすぎると、街の救世主になるどころか、街の乗っ取り屋にされてしまい、歓迎されるも招かざるも紙一重になるため、中央集権の地方展開は難しいとされる。

街全体の継続的な収益性を望むために、移住人口の増加やアクセスをよくして、自家用車を手放しても困らない 「街づくり」 に近づけるべきで、皮肉にも高齢者や今の若者はクルマに興味が薄い。
ほどほど一貫した見取り図がないと 「スクラップ&ビルド」 は叶わないし、人・客・モノ作りの三要素がコンパクトに備わらないと 「賑わい作り」 は、無茶な話。
その意味で、FC店の形態と出店数を見れば、街の行く末が見てとれる。

古町より、僕が営む店の心配の方が大きいけど、新潟への感謝が宿る意見とされれば幸い。
別段、ここに書いたからといって、どうなる話でもないが、見えたものや学んだものには一理ある。
なぜなら 「意見の上がらない場所に繁栄はない」 からね。

それこそ、万代では 「マスター」 古町では 「ちゃんづけ」 で呼ばれる 「腐れ縁の街」 でさ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

携帯主義

相変わらず、夫婦して 「スマホ操作」 に苦戦している。

先日 妻のスマホが原因不明の通話不能となり、一度電源を落して再起動させると復旧したり、細かい操作ミスも頻繁に起きる。

基本 「電話をかける」 「電話を受ける」 だけの連絡手段なので、特に不足こそない。
僕が 「時代に乗り遅れている」 のは自覚しているが、その使い方にはこだわりがある。
そもそも、その時代とは、大方が 「遊び道具としてのスマホ」 を指しているであろう。

20代 日中の東京 山手線で、40代のスーツ姿の乗客が夢中で 「少年ジャンプ」 を読んでいた。
マンガが悪いと思わないが 「ビジネスマン」 と 「サラリーマン」 の根本的な違いを見た気がした。
いい大人が 「歩きスマホ」 をしたり 「おもちゃ代わり」 に所かまわず、いじることはしない。

使用方法によっては、おもちゃという 「幼児性の名残り」 に、大人が振り回されている。
つまり 「目的と手段を履き違えてはいけない」 と思う。

基本的な操作方法は、自然に覚えるだろうから、今はあせらずにのんびり、その主義を貫いている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

張子の虎

録画したドラマ 「半沢直樹」 最終回を見た。

生きる価値を 「勝ち組」 「負け組」 で判別し、金儲けと出世欲のためなら、嘘も裏切りも平気で行い 「どこを向いて仕事をしているかわからない」 輩どもに、鉄槌を下した。

それもこれも、権力の腰巾着となり、私欲まみれで富ばかり見ていれば、顔が歪んでくるのは当然。
権力は嘘をつくし、法を犯しても金儲けできれば、表の顔と裏の顔を使い分けて、成功者にもなれる。
だけど、一皮剥けば 「張り子の虎」 (権力を笠に着て虚勢を張る人) であることが多いんだ。

男は協調性を重んじるも、馬鹿げた徒党は組まず、いつ何があろうと 「孤独に慣れておく」 のがいい。
それがもとで 「出世コース」 から外れても、命まではとられる心配はないからね。

今夜、仕事の終わった夕暮れ時から、酒場で 「半沢直樹の話題」 で持ち切りかもね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

無題雑記 248

27日 恥ずかしながら、ベッドで寝返りを打ったら、そのまま転げ落ちて目覚めた午後1時。

くるぶしの痛みを引きずり、リビングの扉を開けた。
すると、妻が 「ねえねえ、女優の竹内結子が自殺したんだって」 と声高に言う。
近頃、有名人が立て続けに、自らの命を絶っている。

一部では、コロナ鬱と囁かれているが、その理由は本人にしかわからないもの。
ひと口に自殺といっても、いろんな動機の中で、お金に困るような人たちでないだけにおもんぱかる。
もう一つ、どんなにお金に苦しめられても、お金そのものに殺されることはないわけだ。

無責任に死んでいくことが、残された人にどれほどの苦しみを与えるか。
この世から、急に去ってしまえば 「自分を本当に思ってくれていた人」 を知ることもできない。
シェービングクリームで髭を剃りながら、そんなことをぼんやりと考えていた。

午後4時過ぎ、ぐずついた天気の下、散歩と買い物を兼ねて外出。
柳都大橋から、カーフェリーの遠景を追い、穏やかな川の流れを見ながら歩く。
休日に立ち寄る喫茶店で、ブルーマウンテンを口にし、本町で買い物をして、万代で書籍を三冊購入。
私生活の夜がなかったら、きっと心が渇いてしまうだろう。

萬代橋から、見渡せるホテルの窓辺は、宿泊客で日毎に灯ってきた様子がうかがえる。
まだ、点在した窓灯りだが、経済も回復させていかないと、いよいよ大変なことになってしまう。
目に映るホテルに勤務するお客さんを知るし、僕の生業にも影響を及ぼすため、自然と気にかかる。
安全地帯で生きられ、補償のある生活できれいごとを言っている人に、この視座はわかるであろうか。

すべては覚悟から始まるからね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

彼の個性

松田優作が主演したドラマ 「探偵物語」 最終回。

街の仲間を虫けらのように殺した犯人グループに、復讐を誓う前につぶやいた台詞。
「昔 俺にも仲間がいて そいつが死んだとき もう仲間は作らんと思って この街に来たのに なんで」
どこか壮絶な過去があることを匂わせた。

2011年9月24日
享年 「46歳」 愛称 「よっちゃん」 の9回目の命日だった。

ひっそりと店を開いて、12年と7か月が経過。
長年のお客さんとは、自然と愛着が積り、次第に人情も芽生えてくる。
特段、私生活をともにしたり、魂胆や利害もなく、純粋につながっている。
近道で出会った関係がもろいように、豊かな回り道をした関係ほど長持ちするもの。
これからは、得ることより失うことが多くなるため、乾杯より献杯に重きを置くようになる。

年に2回、ふたりのお客さんの命日に 「献杯」 をしている。
そのひとりが 「よっちゃん」 で、昨夜しめやかに 「9回目の献杯」 をおこなった。
妻には 「結婚記念日は忘れるのに、そういうことは忘れないんだから」 といわれるが、こういうことは 「男の約束」 みたいなもんでさ。

冒頭の台詞に答えらしき言葉を添えれば 「いい相棒 (仲間) が、いたからこその人生」 じゃないか。
毎年、サラッと書き流すつもりが 「あいつの個性」 が、そうさせないんだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

旅先の酒

サラリーマン時代、旅の思い出に、海外ではネクタイ、国内では地酒などの特産品を購入していた。

酒にこだわらないが、先日の佐渡では、尾畑酒造の酒蔵試飲で 「真野鶴」 (大吟醸) 「吟醸原酒」 (蔵元限定) を自宅用と贈答用に購入してきた。

軽くて滑らかな口当たりで、喉ごしがまろやかな辛口。
何でも 「淡麗辛口」 がいいとは思わないが、頭で酒を判断せずに、自らの味覚で銘柄を選んだ。

醸造酒はあまり口にはしないが、旅先では舌と鼻が趣き、飲んだ酒が思い出へと移り変わる。
その後、然るべきタイミングで封切し、旅先での人や風景、出来事を思い起こせることが酒の至福。

僕が忘れてはならないのは 「店の旅人」 には 「新潟の思い出」 を提供する側であること。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

旅と文庫

今では、旅らしい旅もないのだが、旅へ出かけるときには、必ず文庫本を手にしている。
それこそ、旅の習慣でしかなく、陸海空の移動時間では、精神安定剤の役目になっている。

昨日の佐渡でも、会話が空いた時間を読書で埋めていた。
旅先が 「佐渡ヶ島」 なので、スコットランドの北西に位置する、シングルモルトの聖地 「アイラ島」 の旅行記を一冊手にして読みあげた。

佐渡の原風景を眺めながら、書籍で知るアイラ島を分かちがたく結びつけたり、旅はつれづれの如く、文庫を用意して出かける。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

佐渡旅行

これまでは 「近くて遠い」 佐渡のイメージであった。

22日 日帰り 「佐渡旅行」 を決行。
夫婦と女友達と3人、朝8時発のジェットフォイルで、両津港まで1時間の船旅。

観光バスで、相川の尖閣湾→世界遺産登録を目指す佐渡金山→尾畑酒造など、見所を巡る7時間。
流れる街並みを目にすると、強い潮風にさらされすぎた建造物が、灰色の雲にわびしさをそそられる。
かつては、観光資源として賑わいのあった島も、年月で得たものもあれば、年月で失ったものもある。

帰りはフェリーで、新潟港へ18時30分に着岸後、メディアシップの四川飯店で旅の印象を語り合う。
旅と呼ぶには短すぎるが、僕は37年ぶり、妻は初めての佐渡旅行を終えた。

これからは 「遠くて近い」 佐渡のイメージになった。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

不良老年

21日 「敬老の日」

対象年齢は定められてないが、一応の目安年齢65歳では、早い気がするも高齢化社会。
年金や医療に介護など、国の負担を喧伝されてばかりいれば、高齢者もおもしろくあるまい。
「年齢を重ねることも悪くない」 と思える、特例的な催しがもっとあってもいいのでは。

男は定年になっても、気力と変化に対応できる柔軟性があれば、仕事をするべきだと思っている。
大雑把にいえば、ズバリ 「人生の遊び金」 を捻出するためだ。
自分が稼いだ金は自分で楽しむことが潔いし、そのために働けば人生も充実するだろう。
さらに誤解を恐れずにいえば 「男は死ぬまで女とつきあうべし」 でさ。

こんな話を耳にした。
手軽で安価な風俗店は若者向けだが、伝統的な風俗店は40歳以上の中高年が占めるらしい。
それも、偶数月の年金支給日になると、待合室は高齢者が増えるのだとか。
男はいくつになっても 「女の味が忘れられない」 のである。

年齢的に性欲は減退し、性欲はあっても満たせなくなると、何を楽しみに生きているのか、心が渇く。
何も肉体を交えた関係が大事ではなく、一緒にお茶を飲んで会話したり、たまにはフレンチレストランへ出かけたり、そういうとき 「異性の友達が気持ちを満たしてくれる」 ものだ。

その際 「パパ活」 ならぬ、金の臭いしかしない 「情けない男」 の姿ではなく、年相応の品性があり、もう自分を粉飾しなくてもいい、経験を積み重ねた者同士の心の関係。
セックスは成り行き上、はずみの感覚であれ、色気がもたらす、制御と解放は紙一重。
その感覚をなくしたら、男女は遠巻きの存在となり、少し寂しく感じるんじゃないか。

個人差はあるだろうが、いくつになっても異性への関心は、若さと健康増進の再生装置。
家庭を顧みないのは困るが、心の充実度であれば、幅広いつきあいもありだと思う。
これも仕事同様、その人の 「甲斐性」 であり、必ずしも異性だけではない。

敬老の日を 「枯れた日」 にされたら、高齢者もたまらない。
そのためにも 「年齢を重ねることは素敵だ」 と思える社会がいいし、晩年は 「最期の演出期」 だと思うから、粋でカッコいいイメージで整理したいよね。

心意気は社会的な枠の中で 「まじめな不良」 として 「不良老年」 を志したい。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

Jazz Talk Vol.104

ほぼ満席のざわめきの中、客席の照明が落とされ、ステージ上の4人組にスポットが当てられる。

ドラムのハイハットがきつく締まり、ピアノが指でテンポを示し、ハミングでカウントをとると、音の洪水がうずまき、テーマが終わるとフリーフォームに突入する。

アルトソロから、ピアノソロにベースソロと音がつながり、アルトとドラムの4バースのあとテーマへ戻り、絶頂感の中で全員が顔を見合わせ、見事にエンディングを決めた。

沸き上がる拍手と歓声の中、メンバーはステージで、嬉しそうな笑顔を漏らす。

そんな演奏をかたどる過程を耳に、魂が宿る渾身の 「ライヴリポート」 をまた書いてみたいよ。

http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/427079730.html ( SHINJUKU PIT-INN )
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/442799015.html ( Ayumi Koketsu (As) )

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする