2019年10月24日

就業規律

年内の休日も、あと9日ほどか。

その半分を骨休みにして、残り半分はリフレッシュに充てたい。
また、紅葉などの季節を感じる風景の中で、心もなごませたい。

個人事業主は、休日が自由にとれると思われがちだが、とんでもない。
休日が多ければ、親しき人と時をわかちあえるが、どうにも休日がとれないので、叶わぬ行事もある。

店の営業日と営業時間は、お客さんとの契約であるため、予め告知した休日以外、簡単には休めない。
まして 「今日は気分が乗らないので休む」 ことはできないし、都合よく 「不定休」 にもできない。

僕自身が 「就業規律」 でもあるから、自由のようで自由がないのが、個人事業主の定め。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

無題雑記 206

久しぶりに日曜以外にとった休日。

妻は、以前に店を手伝ってくれた女性とランチへ。
起床後 「即位の礼」 の中継を見ながら、妻の帰りを待つ。
夕方に帰宅し、スーパーへ買い物に出かけ、どちらともなく 「今夜、何食べる」 と嗜好を交わす。

日常の買い物さえ済ませば、あとは自由時間。
同じ屋根の下、別々で過ごすもよし、食卓で会話するもよし、行きたい場所に出かけるもよし。
つかず離れずの距離を保ちながら、ともに個人主義なので、ケンカや干渉もせずに退屈知らず。
普段、ほったらかしだが、協力すべきは真剣に協力し、おたがいの時間を尊重している。

今夜 (22日) 「夜が長いから、一緒に映画でも観に行くか」 と誘い、徒歩でレイトショーへ出かけた。
夫婦一組の館内で鑑賞したのは、佐藤浩市、綾野剛、杉咲花の三人を主演にした日本映画 「楽園」。
秋の夜長に考えさせられる、実話の事件にほど近い、衝撃のヒューマンサスペンス。

その感想を記しておく。
同じ土地に住む人間同士であっても、生まれ育った環境によって、モノの考え方や価値観は異なる。
もともと、コミュニケーションの本質を勘違いした集落の長老らが、狭い風土で暮らしていることに加え、心の狭さで相手を追い込むような、本音と建前の二重構造が描かれている。
決して、人を追い込みすぎてはいけないし、もちろん、自分を追い込んでもいけない。

悲しい映画だけど、未来も見える映画 「楽園」 であった。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

秋雨休日

22日 傘をささねば外出できない、雨降る午後2時に起床。

20日 22日は、飛石連休。
普段なら、祝日も営業をするが、今日は特別な 「即位礼正殿の儀」 祝日。
4連休の最終日でもあるため、一般的な休日の並びに合わせて、お店も休日にした。

サラリーマン時代から、大型連休の観念がなく、それこそ 「24時間働けますか」 を地で歩んだ世代。
今のように 「給料は安くても、自由を満喫したい」 価値観をもっている人は、さほど多くなかった。
その善し悪しは置き、仕事が趣味で仕事をしていた方が楽しく、自分らしく生き生きとしていられた。

やることがなければ、ひたすら仕事をしていれば、それが気分転換になっていた。
いわゆる 「仕事人間」 だった時代もあるが、その時はそれでいいと思っていたし、充実もしていた。
ただし、いづれ 「年貢の納め時」 のような、心境も来るわけよ。

だからこそ、あえて 「予定のない休日」 が、貴重に感じる年代。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

己を知る

今夜、どこの酒場でも、ラグビーの話題が尽きないだろう。

元プロ野球の監督 「野村克也」 は、自身の無学を疎んじ、選手引退後は学ぶ努力を惜しまなかった。
その甲斐あり、講演会に招かれたり、本の執筆にも勤しみ、球界のご意見番として重宝されている。
ヤクルトスワローズの監督を辞任して、電撃的に阪神タイガースの監督に就任するタイミングにおいて、講演会へ行く機会に恵まれた際、講和していたのが、選手に 「おのれを知れ」 と口説いたということ。

人には、それぞれ個性があり、自分に適した役割があるという。
野球なら、長距離打者ではないのに、長打を狙いたがるバッター。
速球派ではないのに、三振を奪いに行こうとするピッチャー。
自分の特性を知らずして、頑なに間違った努力をして、つぶれていく選手もいたらしい。

自分にあたえられた役割を、忠実に全うするのが、チームワークの所以たる 「ワンチーム」
自分を理解し、自分の特性を伸ばし、自分を磨き上げることで、チームに貢献できる。
さながら、団体競技は 「サラリーマン社会を投影している」 から、情緒的になるのであろう。
その上で、個々のポジションは 「必然である」 ことを感じる。

夢や希望をあたえられたというが、その感動をもう少し 「活力がわいた」 に言い換えられないものか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

不撓不屈

20日 ワールドラグビー 「日本ー南アフリカ」 ベスト8 準々決勝。
日本は前回大会の 「返り討ち」 とはならず、コテンパンに 「リベンジ」 された。

どうして、こんなにラグビーは人を惹きつけたのか。
それは 「シンプル」 だから。

ルールは複雑だが、人が見たいのは、躍動感あふれる、フェアなチャンバラ。
気合と肉体のこもった美しき戦いは、運動会の棒倒しのような清々しさがある。

「不撓不屈の精神」 で、困難にも怯まず、最後まで戦ったよ。
特筆すべきは 「ノーサイド」 という、知性を兼ね備えた 「男のダンディズム」 があるからだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

Jazz Talk Vol.91

今年9月に渋谷で開催された 「東京ジャズ 2019」

その模様が3週にわたって、BSで放映されている。
僕の目玉は 「チック・コリア・アコースティック・トリオ」 (バンド)
オンエアでは、観客と一体になった名曲 「スペイン」 が、ピックアップされていた。

過去、多くの魅力を書いたが、サウンド・クリエーターしかり 「トリオ」 でのチックが好きだ。
トリオの有名作は、ドラムがロイ・ヘインズの 「 Now He Sings Now He Sobs 」 (68) だろうが、僕のチャンネルはやや違う。

89年に結成した、ドラムがデイヴ・ウェックルのアコースティック・トリオに惹かれる。
とりわけ、ベースのジョン・パトツィッチの速いパッセージが魅力的だ。
その後、ドラムのスティーブ・ガッドと共演した 「 Super Trio 」 (05) も格別である。

チックからは、野生的な表現は伝わらぬも、フィーリングは極めてスタイリッシュなんだ。
どんなスタイルにも応じられる 「鍵盤の賢者」 という印象もあり、ステージでは温もりに満ちた人柄を感じさせ、ほがらかさが日本人からも愛されている。

13年9月 「新潟公演」 のステージでも耳にした、名曲 「スペイン」 は、6年の時を経ても、親近感を実感させた演奏で、メンバー3人とも 「カッコよく年齢を重ねているのよ」 これが。
チック・コリア 78歳  ジョン・パトツィッチ 60歳  デイブ・ウェックル 59歳  こりゃ、まいりました。  

ホンモノには時間がかかっていて、その表現が痩せてないのが証拠だよ。

 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

人面獣心

テレビの追跡番組で、旧知の同級生から金をだまし取り、返済を要求されるとシラを吐いては開き直る 「詐欺男」 をカメラが追った。

そんなパターンをいくつか特集した番組で、その手口は巧妙化し、顔見知りという利点を生かす。
最初は小さな要求を通し、そのうち要求を上げていく。
詐欺ではないにしろ、古典的な交渉術である。

日本人は、なかなかハッキリと断れない。
だれでも、似たような経験はあると思うし、善意につけこまれて、捨て金になったこともあろう。
騙す方に良心のかけらはなく、失敗すれば舌を打ち、人たらしな態度を豹変させる 「人面獣心」 ぶり。

うさんくさい話は、ハッキリと断れば、相手も 「こいつは脈がない」 とすぐに消えるもの。
なまじっか、いい人で対応すると 「脈ありだな」 と思われ、相手をつけあがらせてしまう。
人間性の発露を知っていれば、詐欺はなくならず、昨今の 「教師による教師のいじめ」 もそうだろ。

番組中、劇団の若き座長に六千万をだまし取られた女性がいた。
盗るほうも盗るほうだが、払うほうも払うほうで、年配ほど過信して、人に相談しない傾向がある。

結局、人が人を見る尺度は自分の目で、怪しいと思ったとき、身近に相談者がいるかは大事だよね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

福岡堅樹

ラグビー日本代表の立役者の一人 「福岡堅樹」

彼は来年の五輪後、現役生活にピリオドを打ち、予てからの夢でもあった 「医師の道」 へ進むことを公言している。

この話を聞いて思い出した、元プロ野球選手がいる。
75年に広島東洋カープを初優勝に導いた、助っ人外国人 「ゲイル・ホプキンス」
彼は練習の合間や移動時間を利用しては、いつも黙々と医学書を読んでいたという。

当時の価値観でいえば、きっと 「野球に集中せず、けしからん」 と思われていただろう。
その後、アメリカへ帰国し 「医師」 になったのは知られた話で、それこそ 「文武両道」 を地で歩み、どちらも生半可ではなかったことを世に示した。

よく耳にする 「時間があったら、これをしたい」 「お金があったら、あれもしたい」 なる言葉。
だが、本当にやる人は、すきま時間でコツコツと学び、内面から湧きあがったら、迷わず取り組むはず。
それも、義務を果たしたからのこと。

福岡は 「やりたいラグビー」 と 「なりたい医師」 のダブルビジョンをもつ、インテリジェンスな選手。
彼の言葉で印象的なのは 「ラグビー人生、ゴールをつくったから、どんなに苦しくてもがんばれる」
部活動と同じで 「3年間だからがんばれる」 「次の大会が最後だからがんばる」 シンプルなこと。

勉強キライの僕が言うのははばかるが 「俺はこうだ」 という、さわやかなこだわりは大事だと思うよ。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

無題雑記 205

予想外の三連休も明けた。

15日から、仕事という人も多かっただろう。
話題はもっぱら 「台風19号の爪痕」「ラグビー日本代表の快進撃」 と大きく割れたと思う。

特に、水害に遭われた人たちのストレスは計り知れない。
萬代橋の上から、水位が増した濁流に混じった流木や枝を目にすると、信濃川の上流で被害があったことを思い浮かばせる。

16日 新潟市の最低予想気温は10℃らしい。
もう、長袖に首もとを締めて、店のカウンターに立つ。

夜、23時ころを過ぎると、長年の体感で冷えてくるのがわかるんだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

無題雑記 204

14日 代休。

翌日は母の誕生日なので、お祝いのケーキを買いに出かける。
その後、妻の友人のクルマで、ユナイテッドシネマへ。

鑑賞作は、キヌア・リーブス主演 「ジョン・ウィッグ」
週末の台風で、ストレスもたまっていたので、スカッと痛快アクションが刺激的だった。

今年最後のクライマックス映画にふさわしいのが、来月公開 「ターミネーター・ニュー・フェイト」
ターミネーター・シリーズ、最大のヒット作 「T2」 の続編として、強き女性を演じたサラ・コナー役の 「リンダ・ハミルトン」 が強敵に立ち向かう姿を描く、28年ぶりの新作。
前作、人類滅亡の日は回避されたが、あれから人類の運命はどう変わったか、今から楽しみである。

その後、いつもの店で、いつもの酒を飲み、いつもの映画談義をして、いつもの馬鹿話で解散。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする