2019年11月04日

眉村小説

3日 SF作家 「眉村 卓」 が、85歳で死去した。

晩年、末期がんを宣告された妻のため 「一日一話」 の短編を書き続け、1778話でペンをおいた。
妻への想いを記した小説 「妻に捧げた1778話」 は、後にベストセラーとなる。
また、本人もがんを患うも、最期までベットの上で、執筆に取り組んでいたという。

70年代の代表作 「なぞの転校生」 はドラマ化されて、80年代 「ねらわれた学園」 は主演 「薬師丸ひろ子」 で映画化された。
他にも 「まぼろしのペンフレンド」 「閉ざされた時間割」 「ねじれた町」 など、学園を舞台に描かれ、切れのある文章で一気に結末に持って行く 「眉村小説」 に夢中になったのは中学2年生の頃。

国語の教科書より、小説を読みふけっていたのは、思春期ならではの戸惑いながら、同級生の女子と気軽に会話した記憶がないんだ。
小説の中では、少年と少女がペアとなり、校内での怪事件を解決していく展開が主となる。
あの頃 「女子と話したい」 願望を持ちながら、心身の変化と性の意識が芽生え、逆に異性を遠ざけ、色気抜きの 「青春のカタルシス」 を小説で散らしていた。

知らず知らずに男子の 「子」 がとれて、「男」 に脱皮する前の年齢。
それこそ、母親離れして、心変わりしていく、思春期の動揺は著しかった。

そんな 「ハートウォーミング」 となった、中学時代の愛読書 「眉村小説」 は、夢中で読んだね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

自由放任

渋谷のハロウィンで、また人に迷惑を及ぼす 「馬鹿頓珍漢」 な、珍獣たちが現れた。

あの街に群がる多くは、便宜上でいえば 「田舎者」 なの。
「都会人」 は、渋谷の路上では、遊ばないよ。

去年、群集心理が暴走し、クルマを転倒させたり、商店を破壊する蛮行が起きた。
あの時、地元の人たちが 「自分たちの街は、自分たちでも守る」 と官民一体で対策に立ち上がった。
だれでも 「何とかしろ」 までは言うが 「自分たちもできることはやる」 本気度を感じた。

荒療治はできないが、せこい騒ぎをおこす連中は、親に甘やかされて育った若者で 「タチの悪いガキ」 ではなく、騒ぎに便乗して 「悪ぶって目立ちたがるガキ」 が占める。
それも、都会の怖さを知らずして、新宿の歌舞伎町で 「わがもの顔」 はできないでしょ。
一昔なら、強面で肝っ玉の据わった 「街の番人」 を怒らせ 「てめえ、この野郎」 口調で、たじたじにされるのが末路であってさ。

暴力的な解決はダメだが、野蛮人の被害を受けるのは、常識を身につけている一般人。
ならば社会的な制裁で蛮行を封じ込め 「思い知らせる」 ことで、更生させる荒療治なら支持できる。

こういう連中が、楽しいはずのイベントをややこしくして 「自由放任は野蛮人」 をつくる見本市となる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

Karel Boehlee (P)

「カレル・ボエリー・トリオ」 のアルバム 「 Last Tango in Pari 」 を手にした。

ご存知 「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ」 初代ピアニストである。
リーダーアルバムは他にもあるが、インプロヴィゼーションは、幻想的なフレグランスをイメージさせる。

この手のアルバムは一歩間違えると、ただ甘いだけの 「ナルシズムな仕上がり」 も予想される。
そこをベースとドラムがピアノを盛り立てながら、リリカルで澄んだ旋律を太い骨格でメリハリをつけて、静寂な情感を醸し出している印象。
こよなく繊細でありながら、美意識丸出しにならないのは 「サイドメンの力量」 にもよると思われる。

「ピアノトリオは、最小限のオーケストラ」 ともいわれる。
どの編成より、トリオは自由空間が広いため、スキルとインスピレーションによる適応力を要する。
その分、ごまかしはきかないので力量不足だと、アルバムでもライブであれ、物足りなさを感じる。
それほど、トリオは組みやすい反面、求められる期待も高い分 「リスキーな編成」 ともいえるんだ。

最初は 「軟派なピアノ」 と否定されるも、聞き込めば判断を訂正しなきゃいけなくなるだろう。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

2019 November

大人の時間をくつろぐ隠れ家

< 11月 November  Infomation >

(定休日)  4日 (月) 10日 (日) 17日 (日) 24日 (日)

3日 (日祝) 23日 (土祝) 営業いたします。 

お電話いただければ、お席を確保しますので、お気軽にどうぞ。 

住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話     025−247−1644
営業時間  19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日    日 曜  (連休の場合、連休最終日を振替休日)  
客席数    カウンター10席  ボックス席あり

カバーチャージ  ¥ 700

スコッチ 6大ウイスキー
アイラ  アイランズ  ローランド  ハイランド  スペイサイド キャンベルタウン

世界 5大ウイスキー 
スコットランド アイルランド アメリカ カナダ 日本

その他 「メニューブック」 を、ご用意しております。

消費税10%の対応について

当店 価格に増税分を上乗せすることなく 「内税方式」 で、据え置きさせていただきます。

また、カード決済の手数料も価格に転換することなく、これまで通り 「現金対応」 で、営業を致します。

ただし、仕入れの高騰による諸事情を勘案、社会情勢に著しく変化がともなう場合など、若干の検討もご容赦いただければ幸いです。

これからもどうぞ、お引き立ていただけますようにお願い申し上げます。   店 主

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

陽だまり

自転車で信号待ちした場所が 「陽だまり」 で心地よかった。

海岸線をクルマで走っているとき、窓を開けて潮の香りを嗅いだような感覚。
五感が敏感になるのは、夜の職業のせいかもしれない。

今年もあと2ヶ月。
大方の予定も埋まりつつある。

また、多くのお客さんと感情のやりとりをしながら、今日があることに感謝したい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

時代精神

政治家と経営幹部の多くは、前期高齢者。

彼らが考えていることは、したたかな皮算用をしながら、残りの人生をどう 「酒池肉林」 で生きるか。
あとは去るだけなので 「俺の知ったことか」 ぐらいにしか思っていないのでは。
このところ、そんなことを感じさせる出来事が多い。

晩年の経歴を自ら汚し、民意の代表ともあろう人物が、面の皮が厚いどころか、面汚しなんだからね。
腹の底が 「老醜予備軍」 だから、失言や暴言、汚職が起きても不思議でなく、反省なんかしないよ。
今、求められていることは 「自分の目で見極める」 こと。

足るを知らねば、晩年の 「エゴイズム」 は暴走する。
人のためを唱えるならば、残された時間は社会奉仕するもの。
「ダンディズム」 がないから、見た目は大物面してるが、内心は強欲な 「小心者」 だと思う。

偉そうなことを書き立てたが、出来事に可能な限りの想像力で、わが身をおきなおして思考したい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

自動点灯

ぐっすりと眠れたので、月曜の寝覚めは快適だった。

雲ひとつない午後の空をながめながら、今週の予定を思い浮かべる。
天気に誘われ、自転車で本町まで買い物に出かけた。
萬代橋から見下ろす、信濃川の川面は、まだ薄茶色に濁っている。

荷物を前カゴに積んで、夕日を背に万代へ戻る。
東岸に建ち並ぶマンションに、遠くのあかね色がきれいに反射している。
ベランダ越しの洗濯物を射し、色とりどりな国旗のように揺らめいていた。

いつの間にか、夜になっており、自動点灯した自転車とすれ違う、秋の夕暮れ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

若き疾走

今の50代の男性に比べ、同世代の女性は元気がよく、引きこもり知らずと思われる。

先週末、知人である同世代の女性客が、クラブ (昔風のミニディスコ) へ踊りに出かけたという。
肩を寄せ合うように 「ユーロービート」 「ブラック」 で、気軽に踊れる店は、まだ何軒かあるようだ。

僕の青春期、音楽が充実しており、大きな時流では 「ディスコ」 → 「カラオケ」 の全盛期。
「ライブハウス」 「カフェバー」 「プールバー」 など、時代産業を埋める業種も盛んだったが、最終的に安定産業として残ったのは 「カラオケ」 で、それも 「ボックス」 という、日本人らしい空間施設。
過去、それらを手がけた複数組織に在職していたので、あらゆるブームの幕開けと幕引きを経験した。

ディスコの場合、最初は人前で踊る客が少なく、しばらくは従業員を客に扮してまぎれこませ、フロアに誘導していたり、カラオケも似たようなもので、個々の客にお願いしては、歌ってもらっていた。
だれでもカラオケの一曲目は、照れて歌いづらいものだが、一度歌ってしまえば、緊張は解けるもの。
どちらにも共通していたことは、浸透させるまではコツで、それを維持させるのがもっと大変なんだ。

何事も盛り上げるためのセオリーはあるが、やっていることは泥臭くて涙ぐましいわけ。
それは、新潟の繁華街だけでなく、どこの地方都市でも、どうしても立ち上がりは遅い。
そのクセ、新しいもの好きで、すぐに飽きるのも特徴だから、土地に合う改良も必要となる。
こうして、夜が更けるにつれ、街に熱気が帯び、高度成長期からバブル期の残り香が漂った90年代。

導入期の詳細を、もう少し語る。
最初は足と指先で軽やかにリズムはとるが、なかなかフロアに出て踊ったり、ステージに立ってマイクを握る人が少なかったのは、うまい下手の 「心理的な不安」 が、取りのぞかれていないせいだ。
だから、従業員に 「わざと下手に歌って踊らせ」 お客さんに 「これなら、俺にもできそうだ」 と自信をもたせて、その重い腰を上げてもらい 「一曲歌えば、慣れて次の選曲をする」 先ほどの心理でさ。

僕も人並みに歌って、踊って、演奏し、癖にならずも 「若き疾走」 をした。
懐古趣味はないので、プレイバックはしない。
今の私生活、年齢相応に気の許せる仲間と、おちついて社交をするのが好きだ。

時代の流れを経験し、一貫して残ったのが 「ジャズ」 と 「ウイスキー」 「コーヒー」 でさ。

 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

頑張れ私

男性上司は決められた業務はそつないが、それ以外のことにはかかわろうとしない。

どこか傍観者を決めこみ、他の仕事はわずらわしいと思うタイプ。
ネチネチと細かいことを言われ、気づまりさせられるよりいいとは思うが、不満はそこではないらしい。
彼女が描いている 「理想と現実の上司像」 にギャップがあるようだ。

どこか哺乳類のような容姿は、暇さえあればスマホをいじり、人の話は上の空で報連相の概念もない。
スーツは量販店、音楽は学芸会のようなアイドルグループを好み、上には平身低頭、下には無関心。
安酒場で長っ尻の上、若い女性店員をかまいたがり、支払いになるとトイレに消える。
たまに二次会へ行くも、カラオケで人の歌に乗ることもなく、ここでもスマホいじり。

いやはや、女性は見ているものだ。
「私の上司です」 と紹介したくても 「風格のなさ」 にそんな気もおきないという。
「だから、一人で来るのか」 と親しみをこめると 「もう、やってられない」 と口元を結ぶ。

若いわりには、なかなか筋道を立てて、臨場感たっぷりに語れる、気立てのいい女性だ。
それに、とりとめのない出来事を言い流しているだけなので、僕もリラックスして聞き流せる。
そんなストレスを洗い流し、また明日になれば、颯爽と仕事をする切り替えの早さを感じる。

これがパワハラだろうが、言葉狩りであろうと構わんが 「がんばれ、私」 で、行け (笑)

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

精通仲間

先日 PCに文章入力をしていたら、急に文字を打ち込めなくなった。

どこかのキーに触れたかと、考えられる対処をするも、入力機能だけフリーズしたまま。
一度シャットダウンし、再度立ち上げようとしたら、今度は不具合にも、本体まで起動しなくなった。

PCに詳しい同級生の仲間にあたると、各種ケーブルを取り外し、元のコンセントを抜き、2〜3時間ほど放電して様子を見てとのアドバイスを受けた。
言われたとおりにすると、無事に再起動し、文字入力も可能となり、問題なく復旧した。

原因はわからずじまいだが、彼のアドバイスがなければ、持ちこみ修理をするところだった。
PCに限らず、精密な家電ほど、予期せぬ不具合がおきると 「アナログ人間」 は大変だ。

持つべきは、その道に 「精通した仲間」 である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする