2015年02月01日

2015 February

ジャズをBGMにお酒を愉しみ、健全な会話で寛ぐ大人の空間

(2月 定休日)     
       1日(日) 8日(日) 15日(日) 22日(日)

  皆様方のおかげで 「2月22日 開店8年目」 を迎えられることをお礼申し上げます。

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
 定休日    日曜 (連休の場合は営業致します) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席


 (取扱いメニューの一部をご紹介いたします)

 【チャージ】  ¥600 

 【ビール】 ・カールスバーグ ・クワーズ ・ハイネケン ・ギネス ・シメイ ・デュベル 他

 【アイラ】 ・ラフロイグ ・カリラ ・ボウモア ・アードベック ・ラガヴーリン 他

 【スペイサイド】 ・クラガンモア ・マッカラン ・グレンリベット ・グレンフィデック 他 

 【ハイランド】 ・グレンモーレンジ ・タリスカー ・オーバン ・スキャパ 他

 【ローランド】 ・オーヘントッシャン ・トバモリー ・グレンキンチー 他

 【キャンベルタウン】 ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン 他

 【スコッチ】 ・デュワーズ ・シーバスリーガル ・バランタイン ・オールドパー 他

 【アイリッシュ】 ・ブッシュミルズ ・ジェイムソン ・カネマラ ・ターコネル 他

 【バーボン】 ・ブッカーズ ・ベーカーズ ・ノブクリーク ・メーカーズマーク 他

 【ジャパニーズ】 ・余市 ・宮城峡 ・伊達 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズ 他

 【カクテル】 ・ミントジュレップ ・ゴッドファーザー ・ラスティネール ・ロブロイ 他

 【フード】 ・オリーブ ・オイルサーディン ・ピクルス ・レーズンバター ・ピザ 他

                              メニュー表 ご用意しております。   
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2015 January

ジャズをBGMにお酒を愉しみ、健全な会話で寛ぐ大人の空間

(1月 定休日)     
       1日(木) 2日(金) 4日(日) 12日(月) 18日(日) 25日(日) 
 
(営業時間の変更について)
       
  本年より、平日の営業時間を 19:00 ⇒ 26:00 とさせていただきます。
  週末は引続き 19:00 ⇒ 27:00 となります。

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 26:00 / 27:00
 定休日    日曜日 (連休の場合は営業致します) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席 あり


つれずれなるままに…

過ぎた時間の長さに驚かせられ、心身ともに疲れた2014年
だけど空しい疲れではなく、報われた疲れだった。
それを緩和してくれたのが、まぎれもなく 「人の情」 であった。

僕の半世紀は駄作ながら、晩年は、「凡作にすることができりゃいいや」 ぐらいにしか思っていない。
その配役、それぞれ仕事や家庭でがんばり、たまに会って楽しい時間を過ごせるのが条件であってさ。
今後、強いて言えば、女性の配役 (女ともだち) が、キーワードになってくると思う。

これからおとずれる ひとり社会において、異性の友人に癒されることはあるだろう。
恋愛には発展しないけど、異性と接触しているときの 「ときめき感覚」 は、だれにでもあると思う。
だけどつるまないと遊べない、人にさびしがり屋を自認するようでは、逆に内向性に人は離れてしまう。

それに、個のないところから、つきあいなんて生まれてこない。
つまり、個があっての和を知らないと、本当のことって何も見えてなかったりするんだ。

こんな経験はないだろうか。
なんとなく続いている関係だが、気がつけば意外と深い愛情ができあがっていたなんてこと。
それって、近くにいた愛着が積もり積もって、自然とそういう心境になるんだと思える。
ひとりで生きてきて、ひとりの時間の大切さも知っているから、モノの見方も強くなるんであってさ。

2014年を振り返ると、人を陰で支えるたくましい女性の姿をまじかで見たような気がした。
熟年夫婦のスタイル以外にも、たまに一緒にお酒を飲めるような、「女友達」 を作っていきたいね。
これが、2015年以降、僕のささやかな抱負になるかな…

皆さまにとって、幸多い年でありますように、また本年もよろしくお願い致します。
           
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

2014 師走

【12月 定休日】     
       7日(日) 14日(日) 23日(火) 31日(水)
 
       21日(日) 28日(日) 通常営業を致します 

      (  正月 3日(土)より、通常営業致します  )

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間  19:00 ⇒ 03:00
 定休日    日曜日 (連休の場合は、最終日に振り替えさせていただきます) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席 (5〜7名)


つれずれなるままに…

部屋の窓から、桜の木が見える。
先週まで、木の葉が数枚だけ残っていたが、今は全て散り落ちた。
5か月後、鮮やかなピンクを見せてくれるであろう。

街並みの紅葉も終わり、透明感のある空気が清々しく、きれいな冬枯れになってきた。
今冬、暖冬予報とはいえ、日増しに寒さがヒタヒタと、忍び寄ってくる気配がする。
夕方の万代周辺でも、選挙演説やクリスマスセールなど、いろんな音が何重奏に連なってくる。

毎年、差出す枚数が減る年賀状の印刷を終え、特別な人の一枚を残し、期限に投函するだけ。
2人分のクリスマスケーキの予約も済み、当日はお店へ取りに行くだけとなる。
できることは、早めに済ませておきたい。

今年もあと、1ヵ月
師走を迎え、公私の慌しさに気が張る日が、続くかも知れない。
ブログの更新が、にわかに鈍くなってきたら、察してほしい…  僕の錆びついてきた老体を (笑)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

2014 霜月

【11月 定休日】     
       3日(月) 9日(日) 16日(日) 24日(月) 30日(日)
 
       2日(日) 23日(日) 通常営業を致します。 

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間  19:00 ⇒ 03:00
 定休日    日曜日 (連休の場合は、最終日に振り替えさせていただきます) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席 (5〜7名)


つれずれなるままに…

タクシーの車窓から、冷涼な紅葉の色づきを見ながら、今年もあと2ヶ月であることを感じさせられた。

この時季から、毎年同じ台詞を繰り返しながら、年の瀬へと近づいてゆくあたり。

晩秋から、初冬にかけて、時の流れと同じく、年齢も実感させられる今日この頃。

今日も仕事は楽しかったけど、何か疲れた…   寝るわ !

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

2014 神無月

 【10月 定休日】     
       5日(日) 13日(月) 19日(日) 26日(日)
 
      12日(日)は、通常営業致します。 

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間  19:00 ⇒ 03:00
 定休日    日曜日 (連休の場合は、最終日に振り替えさせていただきます) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席 (5〜7名)


つれずれなるままに…

バーは大人の空間なので、平日はビジネスマンが割合多い。

しかし、平日と対照的なのが土曜日。
早い時間帯は、食後に立ち寄るご夫婦やカップル。
半ばの時間は、職場仲間や友人同士の二次会利用。
遅い時間になると、ひとり飲みのお客さんがちらほら。
大まかにタイプは、3部構成に思える。

ひとり飲みの楽しみはこうかな…
朝寝坊した正午から、数日振りの掃除や洗濯に取り掛かる。
昼下がりは散髪に出かけたり、近くに食品を買出しに出かける。
夕方からは映画を観に出かけるもよし、自宅で軽く晩酌をして、ついソファーでうたた寝するも休日。
宵の口に目覚めると気分転換したくなり、思わず夜の街へふらりと出かけたくなるのが男の本質。

行先を決めず、だれかを誘うこともせず、何かおもしろいことがないか期待して、ひとり街中を出歩く。
途中で知り合いと出会すかも知れないし、街角の微笑みに誘惑されるかも知れない。
たまたま入った店の隣の女性と気が合い、「今晩、いいじゃないか…」 「ダメよ、ダメダメ…」 問答。
ときには、青春期のアホな誇大妄想を膨らませて、街中へくりだすのも楽しいもんだ。

だけど何もおきず、何もおこせず、何もおこさない…  いや、それでいいんだ!
本気でおこそうとするとシャレにならず、余裕を楽しむことが大人の間合いだったりする。
それに、そこそこの年齢になれば、慣れた態度で気軽に入れる、行きつけの店は持っているだろう。
初対面から、すぐに親しくなろうと高望みせず、適当に会話ができる店主がいれば十分であろう。
「そこそこ感」 こそが、大切だと思っている。

僕自身、相手が不遜な態度でなく、自然と相性が合えば、できるだけ正直でありたいのが人情。
形式的に会社は生活の糧を得るためで、店は社会性を豊かにする、そんな場所だと思っている。



ジョージの飾り気のない歌声が、胸にしみてくるんだよな…   I Remember The Night
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

2014 長月

 【9月 定休日】     
       7日(日) 15日(月) 23日(火) 28日(日)
 
      14日(日) 21日(日)は、通常営業致します。 

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日    日曜日 
 客席数    カウンター10席  ボックス席(5〜7名)


つれずれなるままに…

ホワイトバランスが崩れた夏も終わり、明日から9月となる。

夏の本性を見極めたであろうか…
夏は人の心をしたたかに利用して、集団催眠にかけてしまう魔物である。
疲れを持ち越している人は、その催眠術にかかったままの人なのである。

夏枯れしている暇はどこにもない。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

2014 葉月

【8月定休日】     
     3日(日) 10日(日) 17日(日) 24日(日) 31日(日)

8月はカレンダー通りに営業しますが、いずれかの日曜を初日に2連休、もしくは後半の平日に1日だけ休みをいただく予定ですので、不明な場合はお電話にて確認の上、ご来店のほどお待ち申し上げます。

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日    日曜日 
 客席数    カウンター10席  ボックス席(5〜7名)


【 つれづれなるままに… 】

50代が迫ってきて、何かと公私がせわしなくなってきた…

やりたいこともあるが、いまや時間はもとより、われながらの知力に不安を感じつつ、体力がおぼつかぬ  ことが悩みの種というか、次第にあきらめの胸中も覚えるだろう。

当店のお客さんの中には、直の会話とブログを折り合いにしている方もいる。
会話の勘所にする人もいれば、意外と共感めいてつながっていることもある。
ある人が言うには、迎合色を漂わせてないから、純粋に文章を楽しめるブログ感が好きだとか。

ブログを休眠状態にはしないが、長い道のりだから、道の状態も変わるというもの。
使命感で更新せぬが、ここまで書き続けてきたんだから、気の向くまま続けたいと思っている。
やりたいことを優先し、ブログの更新がとどこおっても、何ら疑問を残すようなことではないので。

そんな実在する僕は、そのまんまです。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

2014 文月

【7月定休日】     
     6日(日) 13日(日) 21日(月) 27日(日)
      20日(日) 通常営業いたします。
 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日    日曜日 
 客席数    カウンター10席  ボックス席(5〜7名)

【一部メニューご紹介】  カバーチャージ ¥600

[ビール] ¥750〜¥1.100
  ・クアーズライト ・カールスバーグ ・よなよなエール ・ハートランド ・シメイ ・ヒューガルデン

[バーボン] ¥700〜¥900
  ・I.W.ハーパー ・オ−ルドチャーター ・ファイティングコック ・ブッカーズ ・ノブクリーク

[ブレンデッド] ¥700〜¥1.050
  ・デュワーズ ・オールドパー ・シーバスリーガル ・バランタイン ・ベルス ・フェイマスグラウス

[アイリッシュ] ¥700〜¥850
  ・ターコネル ・タラモアデュー ・ダニーボーイ ・ブッシュミルズ ・カネマラ ・ジェイムソン

[ジャパニーズ] ¥800〜¥950
  ・竹鶴 ・余市 ・宮城峡 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズモルト ・伊達

[スペイサイド] ¥850〜900
  ・クラガンモア ・ベンリアック ・ストラスアイラ ・ノッカンドオ ・トミントール ・スペイバーン

[ハイランド] ¥850〜900
  ・グレンゴイン ・アランモルト ・クライヌリッシュ ・ダルモア ・グレンドロナック ・シングルトン

[アイラ] ¥850〜¥1.050
  ・ブナハーブン ・ラガブーリン ・ブルイックラディ ・ラフロイグ ・カリラ ・アードベック

[ローランド & キャンベルタウン] ¥850〜¥950
  ・オーヘントッシャン ・グレンキンチー ・リトルミル ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン

[カクテル] ¥730〜¥950
  ・モヒート ・ミントジュレップ ・ラスティーネール ・ゴッドファーザー ・ロブロイ ・カミカゼ

[フード] ¥500〜¥1.000
  ・自家製ピクルス ・あんずチョコレート ・レーズンバター ・ミックスナッツ ・カマンベールフライ
  ・クラブサンド ・ソーセージ ・オムライス ・ドライカレー ・カルボナーラ ・オーブン焼きピザ
「サマージャズ」 っていうノリで、楽しめたころもなつかしいなあ…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

2014 水無月

【6月定休日】     
     1日(日) 8日(日) 15日(日) 22日(日) 29日(日)

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日    日曜日 
 客席数    カウンター10席  ボックス席(5〜7名)

【一部メニューご紹介】  カバーチャージ ¥600

[ビール] ¥750〜¥1.100
  ・クアーズライト ・カールスバーグ ・よなよなエール ・ハートランド ・シメイ ・ヒューガルデン

[バーボン] ¥700〜¥900
  ・I.W.ハーパー ・オ−ルドチャーター ・ファイティングコック ・ブッカーズ ・ノブクリーク

[ブレンデッド] ¥700〜¥1.050
  ・デュワーズ ・オールドパー ・シーバスリーガル ・バランタイン ・ベルス ・フェイマスグラウス

[アイリッシュ] ¥700〜¥850
  ・ターコネル ・タラモアデュー ・ダニーボーイ ・ブッシュミルズ ・カネマラ ・ジェイムソン

[ジャパニーズ] ¥800〜¥950
  ・竹鶴 ・余市 ・宮城峡 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズモルト ・伊達

[スペイサイド] ¥850〜900
  ・クラガンモア ・ベンリアック ・ストラスアイラ ・ノッカンドオ ・トミントール ・スペイバーン

[ハイランド] ¥850〜900
  ・グレンゴイン ・アランモルト ・クライヌリッシュ ・ダルモア ・グレンドロナック ・シングルトン

[アイラ] ¥850〜¥1.050
  ・ブナハーブン ・ラガブーリン ・ブルイックラディ ・ラフロイグ ・カリラ ・アードベック

[ローランド & キャンベルタウン] ¥850〜¥950
  ・オーヘントッシャン ・グレンキンチー ・リトルミル ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン

[カクテル] ¥730〜¥950
  ・モヒート ・ミントジュレップ ・ラスティーネール ・ゴッドファーザー ・ロブロイ ・カミカゼ

[フード] ¥500〜¥1.000
  ・自家製ピクルス ・あんずチョコレート ・レーズンバター ・ミックスナッツ ・カマンベールフライ
  ・クラブサンド ・ソーセージ ・オムライス ・ドライカレー ・カルボナーラ ・オーブン焼きピザ


posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

2014 皐月

【5月定休日】     
     5日(月) 6日(火) 11日(日) 18日(日) 25日(日)
       ( 4日(日) 通常営業 )

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日    日曜日 
 客席数    カウンター10席  ボックス席(5〜7名)


どこか気分的にワクワクする、新緑茂る5月ではあるが、今のところ特別な予定はない。

GWの休日、前後半に分かれているので、一般的に余暇が分散しているらしい。
中半の平日を休みに充てれば、11連休なんて人もいるようだが、貧乏性には耐え難い長さになる。

旅行へ出かけても、観光地の人ごみや交通渋滞でストレスをためるぐらいなら、家でゴロゴロ、夜は  酒場で放言しているほうが楽しいと思うタイプである。
昔から、「GWだから、何かしないともったいない」と駆られることがないのだ。
マイペースといえば、マイペースである。

人生を損しているといわれそうだが、大きなお世話であり、休日に執着心がないのは、それを補っている何かがあるのだろう。
習慣で生きるだけでは空しいけど、そう多くの娯楽に一喜一憂しなくなった。
好奇心が薄れたわけでもないが、早い話 「旅慣れ」してないんだと思える。

ところで「何に対して、ワクワクしているのか」、自分自身でもわかってないあたり…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

2014 卯月

【4月定休日】     
     6日(日) 13日(日) 20日(日) 27日(日)
       ( 29日(火) 通常営業 )

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日    日曜日 
 客席数    カウンター10席  ボックス席(5〜7名)


日曜に雨が降ると、街中をサイクリングできないのでガッカリする。

予定がなければ、気分転換に本町市場や古町通りにある小さなショップや本屋などを眺めたり、喫茶店で読書をしたり、ひとりの時間を満喫することが好きだ。
これから好天に恵まれてくれば、サイクリングロードを走りながら海を見にいくこともあるだろうし、公園のベンチに腰かけて川を眺めているなんて日もあるだろう。
もしかするとフラッとマリンピア日本海にいたり、水上バスに乗ってたりするかもしれない。
それなら平日の日中でもよさそうだが、その後に準備と仕事が控えているので解放感には乏しい。
結構、気まぐれに行動していることも多いんだ。

休日に約束でもあれば別だが、そうでない限りはシンプルな夜遊びをしている。
とは言え、今日は雨が衝動を抑えてくれて、ちょうどよかったのかもしれない。
そのおかげで日帰りバスツアーのチケットも手配できたし、きっとまだ寒空のもとで8分咲きの夜桜を  眺めながら飲む、バッカスの「スキットボトル」も手に入れた。
それにわが家のこまごまとした雑用も、それなりにはかどったしね…

夜も更けてきたので軽く飲みながら、録りためした洋画や音楽番組を見て静かな時間とする。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

2014 弥生

【3月定休日】     
     2日(日) 9日(日) 16日(日) 23日(日) 30日(日)
    ( 21日(金) 通常営業致します )
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5〜7名) ※ボックス席は予約をおすすめ致します。


明日から3月となるが、春めくにはまだ早い。
新潟市内、最もコンクリートに囲まれた街に住んでいると、春の季節感が恋しくなる。

少年時代、遠洋漁業をしている漁師から、こんな話を聞いたことがある。
船上から見上げた星の位置で、季節を知ることができるのだという。

自然を感じるといえば、僕の部屋から見える桜の木。
道すがらなら、ラブラ万代の入口に植樹されている名も知らぬ木ぐらいかな。
そうだ、地下の食料品スーパーで、いつも四季の初物も見かけているはずだ。

五感をこらせば、いろんなところに季節の風物詩がある。
しかし、考えごとをしてたり、見慣れた風景に気づかないだけかもしれない。
少し足を延ばせば、やすらぎ堤の芝生や樹木にも季節を感じるのであってね。

街の特徴でいえば、ショーウインドに並ぶ新作の春物。
カラフルな原色に、衣替えをはじめた若い女の子たち。
花屋の店先に並び替えられた生花など、落ち着いて見渡せば結構感じるもの。

せっかくの機会である。
春の訪れより一足早く、「スプリングバンク」という、一般的には少し甘い香りが漂うスコッチウイスキー などいかがであろうか…  (個人的にはフィニッシュは辛いと感じるがね)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

2014 如月

【2月定休日】     
     2日(日) 9日(日) 16日(日) 23日(日)
    ( 11日(日)通常営業致します )
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5〜7名)


ホットウイスキーに合いそうな、耐熱性のホルダーグラスを探しに、新潟古町の大和デパート跡にある     一階の雑貨店を眺めていた。
良さそうなグラスを見つけたので、店用に3個包装してもらい、別にマグカップを自宅用に購入した。

ホットウイスキーが好きだ。
この時季なら、自宅で寝る前に読書をしながらとか、ブログを書きながら体を温めているときもある。
ホルダーグラスならスコッチもいいだろうが、あいにく自宅には高級酒を置いていない。
せいぜい、マグカップで飲む安いバーボンで充分。

こうして季節に合わせた、飲み方(割り方)で楽しむのもいい。
2月に大きな寒波が来るだろうが、そのときに思い出して試してもらえば、書いた甲斐があるもの。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

2014 睦月

【1月定休日】   
年始は3日より営業致します  
     5日(日) 13日(月) 19日(日) 26日(日)
     (12日(日)通常営業)
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5〜7名)

昨晩、今年最後のお客を見送ったのが、日付の変わった31日の深夜3時5分。
棚卸は先送りにして、あとかたづけも終わり、火元の確認と戸締りも完了。
2013年の営業は4時10分、無事に終了した。

大方、年の瀬に願うことは、「家内安全」「商売繁盛」「交通安全」というところか。
僕の世代になると、これからどうしても避けては通れないことがおきてくる。
近親者からの喪中、行事でいえば葬儀だ。
唐突な連絡もあれば、余命の噂も耳にすることもある。

別れには美学がある。
心の整理をしながら、覚悟をもってきたるべき日に備える。
生前に会うことで、後に本人の遺志を汲むこともあるだろう。

7年前、親戚の伯母を見舞いに行った時には、風前の灯だったので会話ができなかった。
だけど数日前、近親者には僕宛にメッセージをつぶやいていたという。
それは日常の小言であり、伯母にとって僕はいつまでも子どもであることに涙した。
華やかに見送ってほしい、葬儀は盛大に頼むなんてことは言わない。
ドラマで描かれるような、別れの場面はどこにもない。
つまり、人は死ぬときは自分ひとりを自覚した気がする。

順番からすれば、人を見送ることが多くなる。
年明けの歓び以上、これからはおちつきを要することになるだろう。

年頭祈願 胸中は「無」である。
 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

2013 December

【12月定休日】  
    1日(日) 8日(日) 15日(日) 23日(月) 31日(大晦日)
     (22日(日)一部貸切営業 29日(日)通常営業 年始は3日(金)から通常営業致します)

 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00→深夜3:00
 定休日   日曜日 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5~7名)

Tさんから、「クリスマスシーズンに合う、ジャズは何ですかね…」と聞かれた。
ご本人は特にジャズが詳しいわけでもなく、たまには違ったフレーバーが欲しいんだと思われる。

「Love Theme From Spartacus」 (スパルタカス 愛のテーマ)を推薦した。

シンプルなノートの繰り返しながら、どこかノスタルジックで親しみやすいメロディー。
ゆっくり弾いても、軽快に弾いても、美しく聴こえるアレンジにしてあるし、口ずさみやすいので、      ジャズを聴かない人の耳にも届くんじゃないかな。
個人的には「シンプルの中の美しさ」を、もう少し生かしてもいいような気がするんだけど、あくまでも、 僕の感想からすればそうなるだけ…
それよりも、シンプルで哀愁溢れるメロディーがとても印象的で、インストゥルメンタルだからこそできる表現方法かもしれない。

クリスマスの感情抜きでも心地よい曲だと思うし、何よりも自分自身が好きな曲には違いないからね。   
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

2013 November

【11月定休日】  安心な低価格 お1人様こそ大歓迎  
     4日(月) 10日(日) 17日(日) 24日(日)
     ( 3日(日) 23日(土) 通常営業致します )
      
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 (連休の場合は営業致します) 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5~7名)


今年も残すところ、あと2ヶ月…
年頭、小さな目標のひとつに何か習い事をはじめたいと掲げたが、いまだに決めずじまいである。

夜の仕事が控えているので、あまり体に負担がかかることは避けておきたい。
図書館で勉強通いも考えたが、自宅と過ごし方は変わらないだろうし、何よりも勉強嫌いだ。
ジャズにかかわる場所で過ごすにしても、昼間は仕事と少し離れた空間にいたいのが情操である。
いずれにせよ、そんな理由が先走ってしまう。

条件は適度に人と交流できて、場所は自宅からそう遠くはなく、ストレスがかからないこと。
それに趣味ごときで、熱くなるのはみっともないので、競わずに自分のペースで長続きできること。
まあ、前提条件は決まっているので、あとは何をするかだけなんだ。
決めたからには、このブログのように長続きできるとは思っている。

97年公開の日本映画 「Shall We ダンス…?」を憶えているだろうか。
作品で描かれていたのは、登場人物の「不満」よりも、漠然とした「不安」の方であった。
行く先の見えない不安を抱えている人たちの、人生の機微に触れていたと思える。
この年齢で習い事をはじめたいと思うのは、胸の奥底で似たような心境がひそんでいるのかな。

何かを変えたいんだけど、変えるきっかけが見つからないとか…
それとも今書いていることは建前であって、本当は恋愛願望に支配されている出会いの妄想劇とか。
あながち、男は甘い夢を見がちなんだけど、僕に至っては甲斐性なしなので、何事もないであろう。

ここらで奮起して、情熱の社交ダンスでもやろうかな。
待てよ… その前に加齢臭が気になるなあ…  つまり、一事が万事、そういうことなのよ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

2013 October

【10月定休日】  安心な低価格 お1人様こそ大歓迎  
     6日(日) 14日(月) 20日(日) 27日(日)
    ※ 13日(日) 通常営業致します
      
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 (連休の場合は営業致します) 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5~7名)


寝覚めのシャワーを浴びる時間が、次第に長くなってきた。

シャンプーしながら、ぼんやり考えていることは、その日の大まかな予定。
シェービングで肌年齢を感じ、体を洗いながら夢の続きを思い出したりする。
ハブラシを歯間にあて、最初は軽く振動させるが、途中で「あー、めんどうだ」と前後左右、指先を乱暴に躍らせてしまう。
足元の排水口を見下ろすのは、抜毛が名残惜しくなってきたからだろう。

若いときは、タオルをヌンチャク代わりにして、水を弾く全身をたたき上げたあと、バスタオルで身をくるみのどもとをゴクゴクいわせながら、オレンジジュースを流しこんだもの。
それが今じゃ、手が届くところだけサッとふいて、あとは自然乾燥である。
鏡に映った、自分の姿かたちを難題とも思わず、「なんじゃこりゃ」と笑いとばすあたり。

年齢に逆らう空しい努力はするつもりなく、同年代の仲間と会えば、おやじがおやじに毒舌を吐く。
髪がフサフサなら、「かつら、とれよ」、腹が出てれば、「いいモン、食ってるな」
スリムになったら、「モテようとしてるだろ」など、こんな具合にひやかしあう。
おやじは憎まれ口を挨拶代わりに、温かいまなざしを向け合っているんだ。

まあ、これからは変身ショーになるけど、老けないように一応、ガンバルベー!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

2013 September

【9月定休日】  安心な低価格 お1人様こそ大歓迎  
     1日(日) 8日(日) 16日(月) 23日(月) 29日(日)
    ※ 15日(日) 22日(日) 通常営業致します
    ※ 17日(火)の開店時間は都合により、「21:30」からとさせて頂きます。
      
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 (連休の場合は営業致します) 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5~7名)


なぜか突然、聴きたくなる曲は誰でもあると思うが、一曲には絞り込めないだろう。
初めて買ったレコード、初めて歌ったタイトル、あの場面で流れていたメロディー… 人それぞれだ。

初めてディスコ(クラブ)のDJに、リクエストした曲はよく覚えている。
Junior 「 Mama Used To Say 」
当時、「ユーロビート」がブームだったので、「ブラック」はそんなに流れていなかったんだ。
個人的には、クールに歌い流す「サラリ系」が好きなんだけど、「 Mama Used To Say 」と大きく唸る独特のフレージングは、演歌の女王「美空ひばり」のこぶしが利いた、節回しを思わせられた。

この曲で踊りたいというよりも、大音響で聴きたかったほうが強かったかな…
当時の自分が何をしていたか、鮮明に思い出せることが、本当にしみいってる曲だったりする。
この曲以外、「ディスコソング」はあまり知らないんだけど、今聴いても躍動感があるんだよな。

と… 「エキサイト ダンサー せきぐち」 改め 「トロピカル ダンサー かずお」が言ってました?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

2013 August

【8月定休日】  安心な低価格、お1人様こそ大歓迎です。   
     4日(日) 11日(日) 13日(火) 18日(日)  25日(日)
     
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 (連休の場合は営業致します) 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5~7名)


新潟出身者があらゆる場所から、故郷に帰省してくる8月。

東京で標準語を話している人も、帰省すればそれぞれの方言で話す。
しかも東京の顔ではなく、故郷の顔になって戻ってくる。
今頃、懐かしい顔を思い浮かべているのなら、新潟で待つ身の僕も嬉しいもの。

生まれ育った地をふみ、地元の名産に触れ、懐かしの味に舌鼓を打つ。 
充実ぶりは親兄弟が元気だったり、仲間との再会に帰省してよかったと思うだろう。
しかし内心、「その時が来たら… (親との別れ)」と考えているのも現実なんだ。
自分が老いることは、全てがセットであることに気がついてくるんだ。

僕も東京生活をしていたので、帰省の楽しみを知っていれば、帰京するときの不確かな寂しさも知る。
経験的には、正月よりも盆のほうが、どこか神妙な面持ちになるもの。
マザコン傾向にある新潟人にとって、故郷とは母親なんだと思う。
故郷に住んでいられることは、本当は贅沢なんだ。
それは故郷に住んでいるから、感じないだけである。

縁は大切にしなきゃと思うけどさ…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

2013 July

【7月定休日】  安心な低価格、お1人様こそ大歓迎です。   
     7日(日) 15日(月) 21日(日) 28日(日) 
     
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 (連休の場合は営業致します) 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5~7名) 

ここ最近、日常で感じたことをセンテンス短く書いてみる。

20〜30代の夏とは違い、バテることが多くなる中年の夏。
体力以上なことはせず、余力の範囲で夏を上手に楽しみたい。

日中の万代や東大通は、太陽の照り返しが強いので体感温度は高く感じる。
その分、商業施設に入ったときの冷気が心地いい。

妻はひとくちサイズのアイスクリームがお気に入りらしい。
メールに「シロクマ買ってきて」とあるが、僕は「モウ」のほうが好きだ。

XLサイズの夏用シャツを買った。
手軽なブランドだと、サイズと体格が合わないことがあり、ゆったりした着心地に少し欠ける。
結局、古いシャツをタンスから引っ張り出した。

日中は窓を開けて、適度に外気を取り込んでいる。
風に雑じって、いろんな音も飛び込んでくる。
音にも色があることを感じたのは、それでも最近のことである。

梅雨時を想定して、スー・レイニー「雨の日のジャズ」を店に用意していたけど…
あんまり雨が降らないので、そろそろ「ボサノバ」を流そうかな。

夏の熟女 「小野リサ」でしょ!  (今夏もM沢さんに2枚組をお借りしようかな)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする