2021年03月08日

無題雑記 270

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です
ー 食事券の販売再開期間 3月10日〜4月10日 食事券の利用延長期限 6月30日 −
( 販売会場 新潟日報メディアシップ 20F 特設会場 全日 10:00  → 17:00 )
 
7日 久しぶりに 「街歩き」 をした。
午後3時過ぎ、見た目の天候は春だが、上空には北風が吹く、気温4℃の中央区万代。

万代を起点に 柳都大橋 → みなとぴあ → 早川堀 → 古町 → 本町 → 萬代橋 を散歩。
男女3人組で、下町の路地を散策し、途中の寄り道も含めて、歩行距離 「8km」  の、いい運動。

去年、新潟三越が閉店してから、僕の中では、古町を繁華街とは呼びにくい。
広い範囲の古町界隈では、ずいぶんシャッターが下ろされたままで、それがまたわびしさをそそる。
雑居ビルの集合看板、オフィスビルの袖看板を見上げても 「実在してるのか」 疑ってしまう。
そう思わせるほど、街中の空洞化は広がり、コロナ禍に駄目押しされ、風景も激変させられた。

その風景で暮らす人も、街の心寂しさに従い、店は事務的にモノを売り、客も事務的にモノを買って帰る繰り返しに映ってしまう。
日常の見慣れた風景があるのも安心で、しばらく通らなかった小路の小料理屋がなくなってたりすると、妙に寂しかったりするもの。

それでも、変わらぬ街並みを残している一角は 「デジャブ」 とともに、数多く点在している。
しかし 「帰ってきたくなる街か」 と聞かれたら、期待にそえる言葉は返せないだろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。