2021年02月15日

花束みたいな恋をした

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です。

恋愛小説を読んでいるような映画 「花束みたいな恋をした」 を鑑賞。

物語は 「終電に乗り遅れた若い男女の出会い」 から、はじまる。
素朴なデートを重ね、いずれ体をひとつに重ね合い、太陽が黄色く見えるまで求め合う。
気がつけば、一緒に暮らすようになるが、次第におたがいの優しさがわからなくなってくる。
時の流れは儚くも切なく、過去の思い出と未来の希望を交錯させながら、現在に軸を置いて生きる。

「現実をやんわりと教えてくれる」 そんな恋愛映画。
本編、誰にでも経験がありそうな場面が、随所にちりばめられており、中高年も懐かしさで心温まれる。
僕の年齢からすれば、若者の印象は、スマホいじりにゲーム、ラーメンにスイーツ、アニメにアイドルと、限定した世界しか興味ないと思ってたが 「考えているところは、しっかり考えてるじゃん」 と感心した。

14日 バレンタインデーと重なり、劇場の観客は 「20歳前後のカップル」 ばかりだった。
どこを見渡しても、自分が最年長のようで、何とも居心地の悪さを感じてしまったのだが (笑)
男の子は本命チョコとおぼしき、ラッピングの紙袋を手にしているが、その恋はどう発展するのやら。

おじさん臭いことをいうようだが、若いころの恋愛は 「ビター」 (苦味) も、経験して一人前。
「苦さを経験」 しておけば、おたがいが崩れかけたら、立て直せる 「思いやり」 が、身につく。
そうでないと、本来の 「チョコレートの甘さ」 が、わからなくなるだろう。

恋愛を語る経験や自信もないけど、それが 「最高のパートナー」 と、いえるんだと思う。

 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。