2021年02月02日

蓮舫議員

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です。

話の切り口が古すぎて申し訳ない。

その昔、大人も楽しめる特撮ヒーロー 「ウルトラセブン」 が大人気だった。
中でも、畳にあぐらをかいたことで有名な 「メトロン星人」 は、地球征服を狙う悪の異星人を阻止するセブンの仮の姿 「モロボシダン」 に、こう告げた。
「地球を征服するのに武器はいらない。人間同士の信頼を壊せば、黙っていても自滅する」
こうして、幻覚タバコを人間に吸わせて、正気の沙汰ではない言動を引き起こさせる知能犯だった。

政治観や宗教観、価値観の違いだけで排他的となり、色眼鏡をかけるのが世の中。
近年、ご近所同士の挨拶はおろか、隣人の顔もわからないような他者への不寛容。
実際、こういう生き方が安全なのかもしれないが。
その環境で、新型コロナウイルスの脅威にさらされた人間同士が手を取り合えるとは思えず、人間性を欠いた知性ほど不気味な存在はない。

あの時代から、人間の本質を見抜き、地球征服を企てたメトロン星人。
人類の敵ながら 「あっぱれ」 だと思わないか。
コロナ禍による、一連の差別や偏見、独りよがりな正義感を見れば人類は毒された。

メトロン星人の意味たるや。
国会で首相を猛烈追求し、人間性を欠いた非礼な言い方で、困惑と分断に追い込む。
0か1かの気質で、たられば発言を散らす 「蓮舫議員」 は、メトロン星人の術中に侵されている。

苦言は述べるべきは述べ、批判すべきはすべきだが、人間性を欠いた非礼な知性は嫌味になる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。