2021年01月25日

Johnny Griffin (TS)

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です。

ジャズ (音楽の生演奏) を聴く機会が激減した。
最近はもっぱら、一昔前の音源や映像を視聴している。
「いい演奏」 は、いつまでも色あせない。

いい演奏の定義は、リズム、音色、センスだと思う。
ジャズはアイデアより、瞬間のひらめきこそが魅力。
もちろん、グルーブ感 (スイング感) があってのことだが、ライブではテクニックも見せ所。

そこで、僕が勝手に 「アドリブ職人」 と呼んでいる 「ジョニー・グリフィン」 なんて、どうよ。
「リトル・ジャイアント」 の異名があるほど、底なしのブローが燃焼的。
本気を出したときの 「グリフィン節」 は抜群だ。

だけど、この人、本場ニューヨークでは、バリバリの演奏をするんだけど、日本に来日するとそれなりのことしかやらない印象がある。
グリフィンだけじゃないけど、来日が観光的になってしまい、外国人は旅先で手を抜くことはあったよな。

最近はわからないけど、オーディエンスも耳が肥えているから。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。