2020年12月29日

帰省迷夢

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です。

暮れも押し迫る中、忘れられない光景がある。

平成元年 12月29日 (25歳)
その年は、あまりにも多忙なため、暮れも正月も返上で仕事に明け暮れて、東京から新潟へ帰省する選択肢はなかった。

そんな、夕方のJR山手線での移動時間だけが、一息つける場所でありながら、目の前の長椅子に腰を掛けた乗客の足もとには、一様に大きなボストンバッグが並んで置かれていた。
西日のさしこむ車内で、人には故郷があることを知らされ 「東京に独り残された寂寥感」 に包まれた。

故郷のある人なら、一年の心地よい疲れと手土産をもって、待つ人のいる家庭へ帰る。
その先には、疲れを癒すもの、楽しいこと、友人との再会など、遠景に想いを馳せるもの。
駅のホームまで見送ったり、バス停まで付き添ったり、ありきたりな親子の風景も懐かしい。

現在、新型コロナウイルスの影響で、それまではあたりまえに 「ただいま」 「おかえり」 を交わせる、家庭という最小限の安らぎの場、甘えが許される場だったことを、多くの人は気づかされると思う。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。