2020年11月29日

愛する母

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です

金曜ドラマ 「恋する母たち」 では、それぞれに同世代の思春期の息子がいる。
皮肉にも、子育てをめぐり、同じ悩みの種になっているが、男としてこう考える。

「オギャア−」 と産まれたとき、初めて自身の 「ポコチン」 を母にさらす。
男は女に全裸を見られたら、もう服従するしかない。
だから、子どもの頃は、お母さんが大好きで、女に育てられるから、男は 「マザコン」 になる。

やがて反抗期になると、母は 「それまでの子育てはなんだったのかしら」 と空しく悩んだりもするが、反抗期は母親から巣立つ前、男になる 「前兆行動」 と思える。
反抗期に母親以外の女の子を意識して、不器用な告白後、キスや失恋を経験して、大人になっていく。

もう、母には甘えたくても甘えられないから、母以外に甘えられる女性 (対象) を探す旅に出る。
そのため、反抗期というのは、母を吹っ切るため、独り立ちすべく、矛盾の 「求愛行動」 といえる。
本来であれば、反抗期なんて無いに越したことないが、そう言い切れるのは、僕も男の子だったから。

好きな子ができれば、母の気持ちが少しわかるようになり、結婚すれば、母も大事にするようになる。
長い目で見れば、息子は心の旅から戻り、母の前に 「いい顔で帰ってくる」 から、心配は無用。
これも親孝行で 「男は女に成長させてもらう」 生きものかもね。

子が意識すべきは、母もひとりの女性だから、化粧もするし、夫にも尽くし、年齢相応の恋もする。
母として生きるもよし、女性として悔いなく生きてもらうことも 「女の人生」 だと思う。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。