2020年09月29日

携帯主義

相変わらず、夫婦して 「スマホ操作」 に苦戦している。

先日 妻のスマホが原因不明の通話不能となり、一度電源を落して再起動させると復旧したり、細かい操作ミスも頻繁に起きる。

基本 「電話をかける」 「電話を受ける」 だけの連絡手段なので、特に不足こそない。
僕が 「時代に乗り遅れている」 のは自覚しているが、その使い方にはこだわりがある。
そもそも、その時代とは、大方が 「遊び道具としてのスマホ」 を指しているであろう。

20代 日中の東京 山手線で、40代のスーツ姿の乗客が夢中で 「少年ジャンプ」 を読んでいた。
マンガが悪いと思わないが 「ビジネスマン」 と 「サラリーマン」 の根本的な違いを見た気がした。
いい大人が 「歩きスマホ」 をしたり 「おもちゃ代わり」 に所かまわず、いじることはしない。

使用方法によっては、おもちゃという 「幼児性の名残り」 に、大人が振り回されている。
つまり 「目的と手段を履き違えてはいけない」 と思う。

基本的な操作方法は、自然に覚えるだろうから、今はあせらずにのんびり、その主義を貫いている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。