2020年09月16日

Cowboy

連日 固い話を綴っていたので、ちょっと話題を変えて。

先週、酒類のバイヤーである、お客さんの話によれば、コロナ禍でカシスやカンパリなどのリキュール、ジンやラムのスピリッツの売れ行きが好調だとか。
実感は薄いが、リカーショップのコーナーには、ベビーボトル (少量サイズ) の扱いも増えている。

家にいる夜が長いため、自宅でカクテルとシャレこみたいのだろうが、一過性の購買であろう。
シェーカーやメジャーを揃える人もいるようだが、悪いことは言わないから、やめておいた方がいい。
彼女を部屋に招き 「俺のカクテル」 と称して、手首をくねくねとさせるのだろうが、そんなにうまくできる代物ではないよ。

二か月もたてば、もういい加減に飽きて、用具はほこりをかぶり、リキュールの口元は甘味料で羽虫を部屋に呼び込むのがオチだし、リキュールやスピリッツを棚に飾るだけの自己満足で終わる。
作るのに興味があるなら、テクニックも必要だから、客がいなければ、材料と用具で作らせてあげるよ。

僕が自宅でカクテルを作るなら 「 カウボーイ 」
常に冷蔵庫には牛乳があるので、バーボンウイスキーと割るだけ。
ガムシロを加えてもいいし、口当たりをマイルドにしたければ、百円ショップの電動ホイッパーで十分。
仰々しい用具もいらず、夏はアイス、冬はホットで、手軽なナイトキャップになる。
ウイスキーが得意でない人は、ここから口慣らしすればいい。

さすがに自宅用にリキュールは買ったことないが、若いころはスピリッツ、それもジンは常備していた。
冷凍庫で冷やしたジンを氷の入ったグラスに注ぎ、トニックを満たすだけのカンタン 「ジントニック」
風呂上がり、バスタオルを肩にかけたまま、最初はチビチビ、最後はキュッとね。

家であれこれと揃えるのも限界があり、できる範囲で楽しむのがベターだが、ジンは冷やしておくべし。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先月はお邪魔いたしました。
カウボーイ私も好きです。なぎら健壱さんの本で知り
飲んでみたら美味しかったです。  
ただ、いずみ屋の成川さんと古町8のカマラードの
カウンターで2人で呑んでいたら、
何故かゲイのカップルに間違われました。。
Posted by 木戸修2号 at 2020年09月18日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。