2020年07月23日

ホヤ貝?

海鮮料理の中でも 「貝類」 が好きでね。

先月、貝料理の専門店で、つぶ貝にサザエ焼き、大粒のカキフライなどの海産をつまんだ。
「ホヤ貝」 が好きで、ホヤ刺しにホヤ酢と何でもござれだが、メニューに扱ってないという。
ないものは仕方ないが、貝の専門店で貝がないのはなぜなのか、後に生態が気になり調べた。

すると貝ではなく、学術名では脊索動物 (せきさく) に分類され、他の動物であることを知った。
ホヤ貝などと、まぎらわしい呼び名が定着しているが、あのグロテスクな色と形は貝じゃないよな。
さばき方は難しそうだし、体の割には中身が少なそうだが、苦味が利いており、その後に塩味に酸味、ほのかに甘味を感じて旨味を覚える、三陸産がいいな。

食の探求心に欠けているが、酒の肴にしたくなる一品。
それも意外と大衆居酒屋で扱っているのに、生態は知られていない。
自身 「生もの」 は、あまり口にせずも、鮮度には敏感のようだ。

本当はアワビを食べたいが、これぞ贅沢一品。
代用の貝にされる、ロコ貝かトコブシでもいいよ。
「これはアワビです」 と、だまされてもいいから、食べた気になりたい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。