2020年06月21日

遊ぶ意欲

「コロナショック」 が生活に影を落してから、ようやく日常をとり戻せつつある。

接待を伴なう飲食店やライブハウスなど、一定の防止策を講じられ、移動制限も全面解除となった。
だからといって、生活様式が解除になったのではなく、何ごともほどほどが後に意味をなす。

人は周囲と同じ行動や考え方ををして、次第に物事をおさめていこうとするもの。
だけど、タクシー運転手と景気の話を交わして、あたかも街を知ったフリをしているわけではあるまい。

いつまで 「キンタマ」 (失礼) を、縮み上げているんだってことでさ。
もともと 「遊ぶ意欲」 のない人ほど、景気に深刻な顔をしているものだ。

お酒を飲める人なら、少しは飲みに出るべきで、その方が景気は早く上向く。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。