2020年06月18日

矢沢情緒

「矢沢永吉」 のファンではないが、矢沢はきれいごとを言わないよな。

ライブへの熱い思いを持ちながら、コロナ禍で自粛せざる得ない状況が続く。
ならば 「有料ライブでお伝えしましょう」 と、過去のメモリアルライブを自己プロデュースし、複数を配信するという。

個人事務所の経営者でもあるため 「社員を食わせなければいけないし、俺自身も食うためだ」 とし、ライブの配信収益の一部は、医療機関にも寄付をするという念の入れよう。

一見すると、破れかぶれのような男だが、筋は通っている。
情緒に話をすりかえないし、ロック界の頂点に君臨する男。

つまり、象徴になるような男は、その 「生き方」 が情緒なんだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。