2020年06月15日

無題雑記 236

梅雨入りした新潟。

14日 勝手に俺主催の 「散歩大会」 は、雨天決行。
新潟伊勢丹前のバス停から、入船営業所行きのバスに3人で乗車して、終点で下車。

傘をさしながら、北へ続く遊歩道を5分ほど歩き、湿った空気感とともに、新潟みなとトンネルに入る。
傘を閉じて、海側の海底通路を直進し、山ノ下の出口で折り返す。
今度は、街側の海底通路を直進し、起点である新潟みなとタワーに戻り、往復で 「3Km 」 ほど。
タワーの展望室で、水分補給をしながら、強い雨に煙る日本海を眺める。

新潟の沿岸を構成する、港町である北部地区。
東京から転校してきて、この街でそれなりに育ち、ささやかな幸せを保っていた家庭があった。
街は見違えるほど変わったが、今も下町の象徴 「新潟造船」 の鉄塔があるのは、原風景そのもの。
思い出に浸ることもないが、潮の香りが懐かしい記憶を呼び覚ます。

帰りは、当時の原形を留めている、入船営業所からバスに乗り、雨止まぬ古町で途中下車。
ビールで乾杯し、前菜を数品と串を焼いてもらい、1日限定10食の豚足煮が絶品だった。
雨は止んで、いい風の吹く、萬代橋をほろ酔いで歩き、万代メディアシップの交差点で、21時に解散。
雨で歩行距離は稼げなかったが、今度は夏の終わりに夕日をながめながら、海岸道路を歩きたい。

表向きは 「散歩大会」 だが、結局は飲むための 「前哨戦」 になるんだけどさ (笑) 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。