2020年06月13日

秘密兵器

二つ折りのガラケーが閉じなくなり、使用しないときは、髪留め用のゴムを巻いて固定していた。
原因はジョイント部分の金属劣化である。

それを見かねた妻は 「もういい加減、スマホに変えたら」 というが、別に不便ではない。
スマホの多機能は感心するが、公私は電話とメールで事足りるし、意思の疎通に問題もない。

それに聖火リレーのように、ラインでトークリレーして、何が面白いのかわからん。
まどろっこしいのはいいから 「肉声で電話して来い」 と、こういう時になると意味もなく 「江戸っ子」 になってしまうから、不思議である。

新型機種を持っているからって、その人に 「時代をとらえる目」 があるわけでもない。
ただ、遊び道具を持ち歩き、実際は風見鶏のように場所で画面を切り変え、仕事のフリしているだけで、便利が一番の発想は、安ければ一番と近い発想に思える。

おお、そうだ、そうだ 「秘密兵器があったぜ」 と手にしたのは、一本のスプレー。
可動部の動きに潤滑をあたえる、ベスト商品 「 KURE 5-56 」
ノズルから、ジョイントに噴射しただけで、見事に元の動きを取り戻して回復。

これで 「ガラケーを使える口実」 が、できたというものだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。