2020年06月09日

横田夫婦

5日 拉致被害者家族である、横田めぐみさんの父、滋さんが87歳で死去した。

当時、寄居中学の一年生だった、めぐみさんが拉致されたのが、1977年11月15日。
僕も海沿いの中学の同い年で、その校内でも 「神隠し」 が、まことしやかにささやかれていた。

それから、20年後の1997年。
都内をタクシーで移動中、ラジオから 「北朝鮮による拉致事件」 であることを初めて知る。

山が動いた、5年後の2002年。
政府は救出を試みるも、死亡と捏造されたまま、北朝鮮は解決済みとして、一向に取り合わない。

拉致事件から43年後、無念である2020年。
日本人は 「横田夫婦」 の生き方を通して考えを深め、自分自身を見つめている。

もちろん、幕引きされてたまるか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。