2020年05月29日

得た喜び

通常営業のお知らせ
通常営業を再開しましたが、当面の営業時間は終日 「 AM 2時 」 までとさせていただきます。
衛生管理に努め、密を避ける所存ですが、ご不安な点は問い合わせの上、ご納得してご来店下さい。


子どものころから 「慣れ親しんだ家庭の味」 というのがないんだよね。
それを 「おふくろの味」 というのだろうが、家庭の事情というものがある。

店の味も料理人が変われば、舌の記憶は再現されない。
当店にほど近い老舗 「長崎ちゃんぽん」 が、近々に暖簾を下げるため、連日行列ができている。

大人は 「いい店」 を知っている。
空腹を満たすだけの食事は寂しいが、高くて美味しいのはあたりまえ。

情報番組やネットで知る、流行りの店ではなく、何年も地味に営業している店。
年代が望む温もりがあり、ほどほどに知られて、夫婦で営んでいるような店。
たまに夫婦喧嘩もするが、客に威張らず、味を自慢せず、狭い厨房で手際よく、サッと出してくれる店。
あんまり商売っ気がなく、ご飯を大盛りにしてくれる店で、食べログなんて気にしないという店。
テレビで紹介されるような店は、一見 「職人風」 に見せて、本当は 「商売人」 だったりさ (笑)

どんなにグルメを追及しても、空腹に勝るグルメはない。
部活帰りに仲間と食べた 「かつ丼」 の味は、今のほうが工夫を重ねられて美味しいけど、空腹感が違ったので 「得た喜び」 は、昔のほうが印象あるのと同じでさ。
  
僕が言いたいのは、オムライスの卵を 「愛情」 で、ふんわりとくるんだような店。
恋愛相手を 「ビジュアル」 だけで選ばない、酸いも甘いも知った、大人の領域という味わい。

そんな店があったら、行きたいけどね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。