2020年04月10日

Black Jack

9日 妻の再検診の結果を聞きに病院へ付き添う。

診断は軽度の慢性胃炎で、それ以外の経過観察は良好。

妻が大病を患ってから 「主治医」 とは、約6年の関係。
当時、30代後半、童顔をあごひげで隠すように、権威づけているように見えた。
印象は 「医療オタク」 のようでなじめずも 「目的は完治」 なので、その腕に希望を託した。

主治医も、今や40代半ば。
顔つきや話しぶりなど、医師である前に人としての成長に、たくましさが備わってきた。
経験や実績が、余裕や貫禄を身につけ、その奥には 「医師としての信念」 が見える。
そして、今になれば、夫婦ともども 「この人でよかったな」 と、身を託せる安心感がある。

わが家の 「 ブラック・ジャック 」 だ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。