2020年04月03日

早春心情

早春に人知れず咲く、沈丁花の香りを嗅ぐと春を感じて、間近な桜の開花に心躍るはずだった。

今、心情を再現する気になれないご時世。

香りは記憶と直結している。
コロンの名前はわからぬが、だれかに似ている香りに気づくと、その行方を追ってしまう。

それが、ふたりにしかわからない香りであればなおのこと。
意識的に思い出そうとしなくても、無意識に思い出す存在。

健全な体には、健全な嗅覚が宿るもの。
ただし、過去の香りを懐かしんで、香りを追いかけてはならない。

その香りは、もう違う人の香りになっているからね。

夕方、部屋の窓から見える、桜のつぼみがほどよく開花し、風にゆらゆらと揺れている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。