2020年03月31日

富山転勤

彼 東京都出身 「35歳」 の男性客は、月曜の浅い時間に、店で寛ぐことが多かった。

新潟で4年半の任期を終え、明日4月1日からは 「富山勤務」 となる。
最初は、会社の上司と来店していたが、上司の転勤にともない、次第にひとりでくるようになった。

住まいが近所だったので、深夜のコンビニで顔を合わせたり、割と近い場所をすれ違っていた。
道すがら、重い足どりで疲れた顔をして歩く姿を見かけたり、時が移ろう場面も見かけた。
趣味はサーフィンで、連休を利用しては、バリ島で大人の休息を楽しめる、自立心も旺盛である。
あとは甘えを許される女性と、家庭という最小限の安らぎの場だなと、よく冷やかしたものだ。

新潟の暮らしで 「思い出はバスセンターのカレーです」 だけでは、あまりにも浅すぎる。
彼の存在を記憶にとどめ、新潟に縁があったときには、立ち寄ってもらえば、職業冥利でさ。
僕も来店した客の顔はそうそう忘れないし、店に相応しい客であれば、いつでも、いつまでも歓迎する。
バーは人柄が残る場所で、その 「人となり」 が、ひとりで 「旅立つ港」 になるのかもね。

20年後、新潟支店長で赴任して、今度は部下を連れて来てね (笑) 
そのとき、僕は 「75歳」 だが、人生どうなっていることやら。

See You ✋
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。