2020年03月13日

防衛本能

新型感染の収束が見通せず、更なる 「自粛延長」 が発令された。

前夜、妻は友人らと食事に出かけた。
街も店も静まり、人の気配や車の往来も少なく、感染予防の陰りが横たわっていたという。
これまでの脅威は、地震や異常気象の天変地異だったが、ここにきて 「感染」 が加わった。

相手が見えない分、デマや思い込みが、執拗な差別や過剰な生活防衛を助長し混乱を招いた。
人間社会を壊そうと思えば、そんなにむずかしいことではない。
人間同士の信頼をなくし、人間性を欠いた知性で、原始的な欲求をあおれば簡単に崩壊する。

今後の社会の見通し、感染リスクへの対応など、今は個人も試されているとき。
未知な感染にデータはないから、通常 「走りながら考える」 のがあたりまえ。
だから、容易く答えが出るものでないし、不安な気分を吐き出すための言葉に右往左往してるだけで、そんなのは情報でもコミュニケーションでもない。

僕は興味本位で、火事場を見に行くことはしないが、安全な暮らしだけが人生ではないと思っている。
これまでのつたない知識といくばくの知恵で、自分のことは自分たちの 「防衛本能」 で判断する。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。