2020年02月09日

Jazz Talk Vol.99

2月は、客足が鈍る。
待つのも仕事とはいえ、そう長いと好きなアルバムを聴き直すことで、気持ちをまぎらわすこと暫し。

ピアノなら、内省的に心休まる 「エバンス系」 片や ハードにアタックする 「マッコイ系」 もいい。
サックスなら、歌心あふれる 「ロリンズ系」 片や ストイックにブローする 「コルトレーン系」 もいい。

一概に 「これしか聴かない」 ではなく、その日の気分に合った一枚というものがある。
思い出にかられる一枚もあれば、時を忘れさせてくれる一枚もある。
ジャズは夜のムードを象徴するので、夜な夜な己を深めていくように、静かな熱をおびていく音楽。

どっぷりとつかると不粋だし、まるで反応しないのも野暮。
静かに聴く分には、感情をおさえて、いかに美しさを奏でられるか。
そんな、リリカルでイマジネーションの高い演奏を好む。

「福居 良」 のアルバム 「 Scenery 」 (76) という曲が好きだ。
弾き崩していないところが聴きやすく、左手のコードの押さえ方に、シンプルな情感がある。
決して、腕の立つピアニストではないが、心惹かれるのは 「表現」 (センス) なんだよな。

甘美丸出しではなく、極めて告白的なタッチ (音の間) が光る。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。