2020年01月21日

王子の乱

英国のヘンリー王子夫婦が、王室の称号を返上し、公務も引退した上、公金も辞退したという。

自国で賛否両論だが、ヘンリー夫婦に厳しい論調が浴びせられてる一方、エリザベス女王の仕打ちも取り沙汰されている。
英国王室に興味ないが、日本も同様の皇室制度だけに、時代の多様性を受け止めざる得なくなろう。
成婚のなれそめ、王室離脱に至る経緯はわからぬが、僕は素直に 「素敵な二人」 だと思った。

王子は王室の地位に恋々とせず、ひとりの女性を愛することを選んだ。
「ひとりの女性すら幸せにできないのに、王室貴族として英国を幸せにできるはずない」
そう考えた結果であれば、彼のような生き方を選べる人間は、信用できるのではないか。
女性に対し、淡白な考えを持つ男が多い中、愛すべき存在があっての本能であるように。

ただ、一般人になって、普通に暮らしていけるかは、マスコミに追われ 「いばらの道」 であろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。