2020年01月07日

無題雑記 220

6日 多くの企業の仕事始め。

街中では、各テレビ局の集音マイクが、道行く人に向けられていた様子。
前日に店の買い出しはしておいたので、酒店の初荷を検品して、宅配便で注文した消耗品を受け取り、開店の準備へと取り掛かる。

店の前を掃除していると、複数の顔見知りと出くわし、気軽に年始の挨拶を交わす。
開店準備が整い、看板を灯すと、年度末在庫の 「棚卸し」 の続きに入る。
一定の分量をカウントするだけなので、お客さんが来店するまでの間、その作業を進めていた。

それにしても、年々と時間の流れが加速しているように感じる。
2週間前は 「クリスマス」 1週間前は 「大晦日」 と年越し行事が矢継ぎ早に過ぎてゆく。
一般的には、個人事業主は一足早い仕事始めとなり、サービス産業はかきいれどきにあたる中での、最大9連休の企業や公務員はどんな時間の流れを感じているんだろうね。

特に今年は長かった分、初出勤の前夜と朝は憂鬱 (ゆううつ) だったと思えるが、始まってしまえば、心身を 「オートマチック」 な状態に、自動で切り替えられるものだ。

そんな中で、今夜の口開けは 「 21時10分 」
後に、懐かしい顔も交じることになり、ある意味 「仕事始め」 の、今を楽しめる人は頼もしい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。