2019年12月30日

最終営業日

今夜 30日を最後に今年の営業を締める。

毎年12月は、走馬灯のようにお客さんの顔が思い浮かび、それにまつわるエピソードを思いおこす。
顧客のカルテは頭に収納されているので、少しのきっかけで 「一時停止」 が解かれ、当時の記憶が 「自動再生」 されてくる。

記憶に霧がかっている部分もあるが、バーは 「お客さんと空気を作る」 のが基本。
仰々しい会員制ではないが、顧客のお顔とカルテが 「会員制」 (名刺) のようなもの。
街場に顔が通用する、大人バー (隠れ家) の一軒ぐらいはあってもいいはず。

来年も日夜、看板を灯す。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。