2019年10月28日

若き疾走

今の50代の男性に比べ、同世代の女性は元気がよく、引きこもり知らずと思われる。

先週末、知人である同世代の女性客が、クラブ (昔風のミニディスコ) へ踊りに出かけたという。
肩を寄せ合うように 「ユーロービート」 「ブラック」 で、気軽に踊れる店は、まだ何軒かあるようだ。

僕の青春期、音楽が充実しており、大きな時流では 「ディスコ」 → 「カラオケ」 の全盛期。
「ライブハウス」 「カフェバー」 「プールバー」 など、時代産業を埋める業種も盛んだったが、最終的に安定産業として残ったのは 「カラオケ」 で、それも 「ボックス」 という、日本人らしい空間施設。
過去、それらを手がけた複数組織に在職していたので、あらゆるブームの幕開けと幕引きを経験した。

ディスコの場合、最初は人前で踊る客が少なく、しばらくは従業員を客に扮してまぎれこませ、フロアに誘導していたり、カラオケも似たようなもので、個々の客にお願いしては、歌ってもらっていた。
だれでもカラオケの一曲目は、照れて歌いづらいものだが、一度歌ってしまえば、緊張は解けるもの。
どちらにも共通していたことは、浸透させるまではコツで、それを維持させるのがもっと大変なんだ。

何事も盛り上げるためのセオリーはあるが、やっていることは泥臭くて涙ぐましいわけ。
それは、新潟の繁華街だけでなく、どこの地方都市でも、どうしても立ち上がりは遅い。
そのクセ、新しいもの好きで、すぐに飽きるのも特徴だから、土地に合う改良も必要となる。
こうして、夜が更けるにつれ、街に熱気が帯び、高度成長期からバブル期の残り香が漂った90年代。

導入期の詳細を、もう少し語る。
最初は足と指先で軽やかにリズムはとるが、なかなかフロアに出て踊ったり、ステージに立ってマイクを握る人が少なかったのは、うまい下手の 「心理的な不安」 が、取りのぞかれていないせいだ。
だから、従業員に 「わざと下手に歌って踊らせ」 お客さんに 「これなら、俺にもできそうだ」 と自信をもたせて、その重い腰を上げてもらい 「一曲歌えば、慣れて次の選曲をする」 先ほどの心理でさ。

僕も人並みに歌って、踊って、演奏し、癖にならずも 「若き疾走」 をした。
懐古趣味はないので、プレイバックはしない。
今の私生活、年齢相応に気の許せる仲間と、おちついて社交をするのが好きだ。

時代の流れを経験し、一貫して残ったのが 「ジャズ」 と 「ウイスキー」 「コーヒー」 でさ。

 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。