2019年09月29日

一心同体

28日 「ワールドラグビー」 一次リーグ A組 日本第2戦。

世界ランキング2位の優勝候補 「アイルランド」 を相手に 「19−12」 で、予想を覆し勝利した。
今月6日 「南アフリカ」 との壮行試合の完敗が、ウソであったかのような内容だった。

日本はいわゆる 「外人部隊」 (連合チーム) である。
風習や言語の違い、自己主張も強く、普通なら、ワンチーム (一心同体) も、ままならない。
ヘッドコーチ 「ジェイミー・ジョセフ」 と キャプテン 「リーチ・マイケル」 は、戦略と戦術、メンタル面、フィジカル面をめぐり、対立したことを明かしている。

勝つというのは、そういうことかもしれない。
選手同士であれば 「あいつはライバルになるから、ぶっ潰してやる」 と、レギュラーポジションを競う。
結果、真にフェアな闘いができて、どちらかが引退した後、真の友達になったりするものだ。
日本人は人情的に割り切れなく、公私の温情が勝利を引き寄せにくくしている気がする。
それを克服してこその 「 One for all All for one 」 に続く 「ノーサイド精神」 じゃないかな。

しかし、ここは日本だ。
外国人コーチが 「世界に目を向けろ」 と鼓舞しても、選手は冷ややかな目で見たであろう。
だから 「郷に入っては郷に従え」 で日本の心をつかみ、過去に大敗した理由を徹底的に検証すれば 「次はこうすれば勝てる」 実行性が見えてくる。
それが見えてこそ、チームが一丸となり、同じ目標に向かうのが、団体競技の醍醐味である。

外人部隊は、習慣や考えを理解するまでの時間は要するが、決して近道をせずに山を乗り越えたとき 「血湧き肉躍る」 チームになっていると思える。
エンターテインメントの感動ではなく 「ドキュメンタリーな感動」 に、共感しないわけがない。

自国開催のプライドにかけ、まずは 「ベスト8」 進出、それからは、無神論者ながら、神のみぞ知る。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。