2019年08月31日

本町69年

新潟市民の良き台所 「本町食品センター」 が、庶民に惜しまれつつ、69年の営業に幕を閉じる。

鮮魚を主に精肉、乾物など、区割りされた専門店は、時代の移り変わりとともに規模も小さくなった。
背景には、店主の高齢化、後継者不足、建物の老朽化など、人は時代と年齢には太刀打ちできない。
目利きのできる料理人が、新鮮な海産物を求めに行ける場所としても、台所の土台をささえてるのは、普通の買い物客。

それも高齢者だけに、買い物へ行ける回数や手にできる量も減る一方で、荷物を抱えてまで、BRT (バス連結システム) の乗り換えによる不自由さに、足が遠のいた人もいたようだ。
時代の移り変わりは、努力だけではおよばない。

こうはいうもの、名残惜しむほど利用してないから、リアリズムには欠ける。
だが、下町 (しもまち) 育ちだから、商い同士の境界線を引いた、公衆市場の親しみと面倒さなど 「独特な連帯感」 は見てとれる。

「下町の家は、夜でも玄関を開けっぱなしで寝ていた」 昔の雰囲気に近いのが本町。
生活の範囲で人間関係を作り、仲間同士の結束は強いが、縁のない人とは関わらない、妙なところ。
地域が仲間だから、うかつに泥棒も入れず、スーパーは万引きが多いが、公衆市場は顔見知りが多く、その場でとっつかまえればいいから、防犯カメラの必要もない、いい意味での 「村社会」 がある。

最終日となる、今日30日。
警戒心の強い現代で、本町は商いの桃源郷。
長年の店舗も常連客も、笑い顔とも泣き顔ともつかない顔で、幕を閉じるんだろうね。

僕にとっての台所は、これからも万代と本町になるであろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。