2019年08月24日

募金活動

夕方の万代では、夏の恒例行事 「24時間テレビ 愛は地球を救う」 のイベントがはじまっていた。

一年を通じて、被災地への支援金、歳末助け合い運動、署名活動しかり、日本中で多くの募金活動が行われている。
募金は、少しの余裕と安全な場所にいられることが前提だから 「たまには、募金に協力しようかな」 と思ったりする。

また、それがきっかけで 「ボランティア活動」 に目を向ける人もいるだろう。
それも 「たまに」 だからいいんであって、年がら年中では、だれでも辟易 (へきえき) してしまう。
今、手厚い助けが必要なのはどこで 「これなら、ムリなくできそうだ」 と反応したことが、無償の善意。

それを人に見てもらおうとか、人を感動させようなど、よこしまな動機が、いやらしいんであってさ。
だけど何もしないより、何かした方が生産性は高まるが、参加するしないは両面とも正しい。
人の心は、性善説と性悪説が共存しているから、その議論も両面正しいんだ。

そんな 「たまには」 を実感できることが、人のためになると思える。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。