2019年05月24日

敬称省略

地域において、ボクの呼び名は微妙に変わる。

万代地区では 「マスター」 挨拶は 「こんにちは」 
古町地区では、名字に 「ちゃんづけ」 挨拶は 「イェー」
名字のちゃんづけは、親しみの愛称と受け止め、年上からそう呼ばれた。
今では、そう呼んでいた人と、街で会うこともなく 「大人の世界」 がなくなったようで寂しいが。

親しい関係だと、年齢に応じて 「くん ちゃん さん」 で使い分けされ、同い年の女性から 「くんづけ」 されると、少年の心に引き戻されそうな、懐かしさを感じることがある。
同い年の男は 「呼び捨て」 でいいのに、どこか呼びづらそうで、少年期の 「略語めいた愛称」 では、大人に成長してまで 「あだ名」 で呼び合うのも、いつまでも友達気分のようで、抵抗があるようだ。

ボクは、仰々しい使い分けは面倒だから 「おやじ」 呼ばわりするときもあるが、親しさとはそんなもの。
時代と年齢で 「さん」 が 「ちゃん」 「愛称」 になろうが、会えば 「あの頃のまま」 だ。
年上でも、気を遣って 「さんづけ」 する人もいるが、そこは 「長幼の序」 というもの。
「呼び捨てで、結構です」 と、敬称を解いてもらうときもある。

今は 「マスター」 になっちゃったけど、これも、時の趨勢 (すうせい) 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。