2019年05月18日

無題雑記 173

17日 午後1時30分。

バスの中から見た、本町の電光温度計が 「27℃」 を示していた。
それまで着ていた、麻のジャケットを脱いで、膝の上においた。

午前中、妻の定期検診に病院へ付き添っていた。
夫婦50代にもなれば、病気の一つや二つは経験するものだが、オレは至って不死身だ。
それこそ、ささえあいを通して、ひとつ屋根の下である。

会計を待っている間、隣の高齢夫婦の会話が可笑しかった。
亭主が女房に 「何時だ」 と聞くと 「今?」 と答える。
すると 「明日は何時かと聞く者がどこにいる。今の時間に決まっているだろう」 と怒り口調になると 「ああ、今ね、12時・・・」 と、素っ気なく伝える。

女房の 「今」 なる意味が、冗談なのか、ボケなのかわからず、笑いを堪えた。
妻にこの夫婦のやりとりを耳元で伝えると、久し振りに院内で顔を見合わせて笑えた。
この笑いこそが、これまでの軌跡になる。

午後2時過ぎに帰宅し、仮眠をとるため、窓を半開にした部屋で横たわる。
夕方5時近くになると近くの中学校の体育館から、例年の万代太鼓の音が5月の空に鳴り響いてきた。
ジャズの場合、いい楽団に共通していることは 「音が大きい」 こと。
ダイナミックな躍動感、圧倒的なドライブ感でもいいが、全員の一体感が音の大きさに表れるんだ。

それだけ、技術に自信がある証拠だし、物怖じしない姿勢こそ、雷鳴の如くその音をとどろかせる。
今年も 「万代太鼓」 が、夏本番で色彩と響きをもたらすであろう。

太鼓と笛の残響をあとに、今日2回目のシャワーを浴びて、出かけの支度をはじめた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。