2019年04月27日

客恋しさ

史上最長のGW (10連休) がはじまった。

大げさだが、日本はこれでいいのかな。
中国の故事 「朝三暮四」 が思い浮かぶ。
飼い主から、朝3つ、日暮れに4つエサをもらっていた猿が、これでは少ないと訴えた。
すると飼い主になだめられ、ならば朝4つ、日暮れを3つに変えられたら、猿はよろこんだという話。
これが今の日本の構図のようで、巧みな演出に踊らされているような。

平成もあと3日で終わる。
昭和から、平成半ばころまで 「何よりも仕事が好きだ」 という人は、年齢問わず結構いた。
中には、会社で 「承認欲求」 されたいだけの人もいたが、実際は休日に何もやることがなく、それこそ 「休日恐怖症」 なんて言葉もあった時代。
それなら、パッと仕事をやって、たまに 「気脈の通じる店」 で、飲んでいた方がよっぽど充電できた。

何を隠そう、ボクも 「仕事をしていたい」 タイプ。
サラリーマン時代、まとまった休日がとれた、オフシーズン 「サイパン」 へ骨休みに行ってたぐらいで、5日も休んだら 「俺、日本に帰ったら、仕事できるかな」 と不安になったし、休日にもリミットがある。
欧米並みのホリデーやバカンスは 「勤勉な日本人」 は、おちつかないのかもな。
そもそも、遊び方を知らないのに、休日だけ増やしても、時間を持て余すのは当然でさ。

ボク自身、3日と休めないのは、客商売ならではの 「客恋しさ」 なのかもね。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。