2019年03月17日

新人採用

春は人手を要する時季。

スーパーやコンビニ、商業施設の店頭では 「求人募集の掲示」 をよく見かける。
会社勤めをしていた頃、面接、採用、育成の役割を担っており、常に応募の間口を広げて優秀な人材を探していたが、人の本質を見抜くことはむずかしい。
人の能力なんて、人が思うほど大差ないし、ボクも 「人の正体を見破るコツ」 があるわけでもない。

ならば、自分の気持ちに正直となり 「この人と一緒なら、きっと楽しく仕事ができそうだ」 と思える人の採用に舵を切り換えた。
来訪者は短時間で帰るが、仕事で長い時間を共にするのであれば、自身の勘に忠実になったほうが、会社の要求にも応えられたりするものだ。

その意味で、学歴や経歴をアピールされるより、培った人柄をアピールされた方が、かわいげがあるし、周囲もポジティブな気持ちで仕事をできる。
もちろん、タイトなビジネスシーンでは、そんな甘いことは通用しないが、職場の悩みのほとんどは人間関係にあり、ペーパーレベルに依存した安直な判断で、頭を抱えることも事実なんだ。

「マネジメント」 のむずかしい時代だが、成果は 「コミュニケーション能力」 の成せる技だと思える。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。