2019年03月15日

原稿執筆

バーの魅力は、主役が 「人間」 であること。

ゆえに、人の心をつむぐ、台本なき 「温もり」 がある。
それこそ、ITや機械化では、決して真似できない世界。

言い換えれば、機械編みのセーターと手編みのセーターほどの違いがあるといえば、わかりやすいか。
その温もりが情感と相通じ、一日の疲れを癒し、精神的なおちつきをとりもどせる空間。

自分流のイメージで読み解いて、原稿用紙に執筆するような 「ジャズバー」 があってもいいだろう。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。