2019年02月09日

七つの会議

職業上、三連休はないから、連休最終日が骨休めとなり、予定がなければ、何をするかは風まかせ。

今 「池井戸 潤」 原作の 「七つの会議」 が映画化され、劇場公開されている。
過去、NHKのドラマを見て、小説も読んだので、映画は見ようか見ぬまいか迷っている。

原作の主人公は、会社で大きな失敗をしたわけではなく、平凡な人生を送ってきただけなのに、ある日突然 「ブラック」 と 「リアル」 に巻きこまれてしまった。

夢を捨てて、会社のために魂を売り 「虚飾の繁栄」 を選ぶか。
それとも、誇り高く不正に挑み 「真実の清貧」 を選ぶか。

もし、自分がその立場に直面したら、どういう選択をするであろうか。
やるせなくも、希望も見える原作だが、映画では、異なる立場の登場人物に主役をあてたらしい。

長岡市が発注した 「官製談合問題」 も、本質は似たようなケースであってさ。

http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/370185837.html (七つの会議・ドラマ編)
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/371142695.html (屋上の金網)

 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。