2019年02月04日

海鮮太巻

3日の節分は日曜にあたり、夕方の散歩がてら 「恵方巻」 を買いに出かけた。

陳列スペースを拡張したケースには、海鮮太巻 くるみ太巻 えび太巻など、多く取り揃えられてる中、店員さんたちが 「今から、恵方巻が3割引きですよー」 と拡声器を通して、購買意欲を盛り上げてる。

去年、社会問題に取り上げられた、恵方巻を売りたさの過剰生産による食品ロス。
売れ残りは全て 「廃棄処分」 されるだけなので 「売り切れゴメン」 と言わんばかりの連呼。
昔懐かしい、魚屋や八百屋の店頭を思いおこさせるような活気に、店員さんのハツラツさを感じた。

売り方も節分の天王山でチャンスロスしてなるまいと、照れくさいなどと言っておられず、熱き血潮の如く 「絶対に売り切るぞ」 という使命感が全開である。
この後、恵方巻の販売目標をクリアーしたら、開放感に包まれて 「お疲れさん」 で乾杯するのかな。
昔の職場環境に多くあった、団結した後の 「メリハリ感覚って、いいなあ」 と、勝手な想像をする。

そのヒートアップした売り場で手にしたのは 「海鮮太巻」 もろもろ。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。