2018年12月11日

Cleopatra's Dream

イルミネーション灯る、師走の街中。

どこの商業施設に入っても、BGMは 「クリスマスソング」 一色。
店でも、適宜にセレクトするが、ライトムードの 「ジャズバー」 なので、対応は柔軟だ。

当初より、ジャズを押しつける雰囲気は避けたから 「ビギナー感覚」 を重視している。
ジャズの魅力は、真剣に聴こうが、聴き流そうが 「テイストは自由」 である。

耳が肥えてくると、耳を澄ませなくても、肌感覚だけで 「リラックス」 できる。
そうだなあ、少しネクタイを緩めてくつろげる 「気ままな夜」 のスタイルでありたい。

その代わり、オーナーシップとして 「ジャズを語れる」 べし。

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。