2018年10月10日

黄金の左

「黄金の左」 (左差し) の異名をもつ、昭和の横綱 「輪島」 が、70歳で死去した。

相撲に興味を持ったのが、小学4年生の 「輪湖時代」
人気は大関 「貴ノ花」 と二分したが、強すぎる横綱 「北の湖」 の好敵手の輪島寄りだった。
引退後、年寄株を借金の担保に入れて廃業し、プロレスに転身したが、爆笑地獄に叩き落とされた。

インドの狂虎 「タイガー・ジェット・シン」 との遺恨マッチは注目をされたが、プロレスのセンスがなくて、目の肥えたファンから、失笑されていた。
痛快なエピソードは、リングで相手に 「足4の字固め」 をかけにいったところ、技のかけ方が怪しく  「輪島さーん、足の方向が逆ですよ」 「輪島さーん、次はコーナーポストから、ニードロップです」 など、会場で観客から動きを指摘されながら、プロレスをしていた逸話を知る。
まあ、新日本でデビューした元横綱 「北尾光司」 より、全日本デビューの輪島の方が愛されていたし、それにプロレスのルールを知らず、リングに上がっていたから、昭和のレスラーは個性派揃いだよね。

コレ、書いていいかな・・
柔道部 (道場) の2歳上の先輩が練習後 「黄金の左だ」 と叫んで、突然目の前で 「センズリ」 をこきやがって、オレ、一目散に逃げたことがあるもん。
体育会系はアホの集まりだったけど、新潟県下では一番強い道場だったから、プライドを保てたんだよ。

最後の行は、余計だったかな (笑)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。