2018年09月22日

国技観戦

まず、大相撲13日目から放言する。

夕方 「蒙古タンメン中本」 をすすりながら、後半戦の取組三番を見ていた。
千秋楽を前に、今日14日目で、横綱 「白鵬」 は、41回目の賜杯を手にするであろう。
今場所、前半は攻めあぐねていたが、中盤で立て直し、後半からは本来の相撲を取り戻してきた。
これまでに有した経験が 「優勝の方程式」 を知っているんだ。

前頭二枚目まで番付を上げた、新潟の郷土力士 「豊山」 は、からまわりしている。
一見、突き押しは健在だが、相手に自分の体を置きに行っているような相撲である。
ボクの好きな小結 「玉鷲」 は、8日目に 「稀勢の里」 を圧勝しながらも、大きく負け越した。
玉鷲のおっさん、場所前に 「シメサバ」 でも食って、当たったんかいな ?

連日 「世界柔道選手権」 を録画で見ている。
後半の日程となる、重量級の迫力は圧巻だし、一発技の破壊力は個性に満ち溢れている。
だが、連続技や複合技が少ないため、技を仕掛けない単調な試合になりやすい。

その点、軽中量級クラスは、技のバリエーション、スピードに満ち溢れ、投げ技 寝技 関節技 絞め技 すべての柔道技が凝縮されている。
跳ね技 (内股) 担ぎ技 (背負い) が炸裂する階級だし、袖釣り込み腰なんて、決められない大技。

それら、瞬間ごとに技が創造されるスリルを楽しめれば、あなたも 「柔道通」 の仲間入りである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。