2018年08月24日

夜光虫

生まれて初めて 「強烈な炭酸水を頭から全身に浴びてみたい」 と思った。

23日 二十四節気の処暑。
最高気温 「39.6℃」 を記録した新潟市中央区。
台風の影響で、県内は熱帯高気圧に覆われ、山沿いがもたらすフェーン現象が原因で気温が急上昇。
週末をピークに、猛暑はゆっくり下るようだが、この暑さに慣れたせいか、適応している気もする。

県内ニュースによれば、水辺の行楽は海水浴より、プールに人気が集中したという。
どうやら、経済的にも、明暗が分かれたようだ。
今年は、ビアガーデン帰りの二次来店が少ない。
今夜、妻は友人たちとホテルの展望ビアホールへ出かけたが、風情よりも涼みである。

現象を物語るのが、店の屋外看板に夜光虫が集まらず、外壁の電灯付近にクモが巣を張らなかった。
防虫対策はしているが、それにしても 「夜光虫」 が例年より少なすぎる。
蚊などの羽虫をエサにするコウモリも見かけないし、日中のセミの鳴き声も心なしか迫力を感じない。
猛暑は生態系にも影響をおよぼし、食物連鎖の整合性もとれなくなるから、よろこんではいられない。

俺の秘密兵器 「アースジェット」 を 「食らえ」 と、ぶっ放す機会もあまりなかった。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。