2018年08月22日

県立高校

全国高校野球選手権は、大阪桐蔭高校が、史上初2度目の春夏連覇を決めた。

秋田県の金足農業高校の奮闘が話題となった、100回目の記念大会。
決勝は 「13−2」 で、あれだけコテンパンにやられたら、悔いはないだろう。

決勝で負けたとはいえ、その強さ以上に目を引いたのが、エビ反りの全力校歌。
加えて、県立高校 農業高校 雪深い東北、秋田の県民性など、県立は 「高校野球のルーツ」 や 「あるべき高校球児の姿」 を見るようで、判官贔屓 (ほうがんびいき) となる。

ボクも県立高校出身なので、私立のエリート養成校、学園恋愛ドラマを思い浮かべるような雰囲気より、牧歌的な青春を感じさせてくれる、県立贔屓ではある。
「強者エリート集団」 大阪桐蔭に挑む 「雑草集団」 金足農業の姿に 「レジスタンス」 を感じた。

われわれ世代、弱いと思われる方を応援する傾向がある。
グラウンドでも、ナイター設備や屋内練習場を完備した私立高校よりも、日没を気にしながら、ボールにロージンバックをまぶし、荒れたグラウンドでギリギリまで練習する、県立高校の方が感情移入できる。
そんな、ハンディを乗り越えて、打ち勝てば気持ちいいではないか。

もちろん、私立の名門高校の血のにじむ努力にも与するが、大人扱いしようと高校生はガキである。
クルマで送り迎えされるより、みんなで夜道を自転車で帰り、途中でお腹を空かせてパンでも買い、ちょっと分け合うぐらいの青春の方が、大人になっても、少年の心をもつ大人になれるんじゃないか。

新潟の下町育ちは、強者を相手にすると 「進軍ラッパ」 を鳴らしたがる、困ったおやじになる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。