2018年07月14日

個人事業主

ほぼ決まった時間に店入りし、決まったルーティンをこなし 「開店19時」 をむかえるのが日課。

閉店までは、ノンストップだから、適度に体力を温存し、環境に適応している。
来店に切れ間がなければ、8時間立ちっぱなしの日もあるし、来店が途切れれば、段取り八分で待つ。
年齢に合わせて調整しないと、肉体が悲鳴を上げてしまうからね。

個人事業主だから、自由に調整は利くが、実際には自由を行使できるほど甘くはない。
組織運営だと、わがままは許されないが、その人の代わりはいくらでもいるのが強み。
人の補充や交代要員が利かなければ、組織として盤石ではないだろう。

個人の場合、代替が利かないので、本人の資質や体力が資本金となる。
一見すると、自由に思われそうだが、組織の役割分担がないので、全て自分の裁量となり、責任からは逃れられないため、成功の秘訣とか、そんな美談仕立ては存在しない。

世の中は三連休の初日だが 「気が休まらない」 というのは、そういう意味なんだよね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。