2018年07月06日

裏口入学

5日 窓を全開にして、小雨をミスト浴の気分にして、涼しく過ごせた夕方。
手元には、新聞とアイスコーヒー、東京在住の幼なじみから、お中元で贈られたロールケーキ。

今朝のトップ記事は、収賄の見返りにより、子どもを裏口入学させた、エリート親の逮捕の見出し。
今どき、裏口入学かと思うが、古典的な便宜を要求する行為は、まだ水面下で起きているのだろう。

社会を見渡せば、パーティー形式を装ったり、うさんくさい寄り合いもある。
昔ほど縁故社会 (コネ) は、はびこってないが、財や肩書のある親ほど、金の匂いが鼻持ちならず、親としての性根は腐っている。

基本の愛情は、物資や金銭面でしかないから、子どもは自分の食いぶちを自分で見つけられないまま、世間を舐めきった 「遊泳術」 だけをおぼえてしまう。
逮捕された親の文科省局長は、どうせ保釈金で何食わぬ顔で出るだろうが、おいおい、これも税金か。

その子、裏口入学を知ってか知らずか、親は子に恥をかかせてもいい権利はないわけよ。
その親、腹の底で 「チェッ」 と舌打ちをしながら、頭を下げたフリをしてるだろうな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。