2018年07月04日

硬派 JAPAN

3日 サッカーワールドカップ 日本ーベルギー戦は、歴史的な 「ベストゲーム」 で報じられていた。

そして、あまりサッカーに興味のないボクにも、こうしてブログを書かせやがった (怒)

ワールドカップ直前の監督交代劇に、シラケた人も多かった。
正直、ボクも 「この期におよんで、まだ組織でゴタゴタをおこしてるのか」 とあきれていた。
真剣だから、ゴタゴタがおきることもあるが、それにしても時期と限界がある。
この交代劇があるなし、もうピッチ上の結果でしか判断はできない。

今大会を最後に、日本代表を引退するであろう、3〜4人の 「おっさんたち」 を、応援したくなるのは、その年齢をかけ抜けてきた中高年の情だ。
中でも、GK 「川島永嗣」 の男らしさを感じる存在が好きだ。
後半アディショナルタイムで、決勝点を決められたあの瞬間。

ベルギーのカウンター攻撃に、日本の守備が追いつかず、屈強な赤い悪魔5人が左右横一列で一斉に攻めこんできたとき、それはもう怖かっただろう。
川島はたった一人、ゴール前で 「来やがれ、俺がとめてやる」 と覚悟をする、あの 「男っぷり」 は、鬼神のようで、かっこよかった。

結果どうあれ、命がけでゴールを守った男にかける言葉こそ 「あっぱれ」 である。
それこそ、日本のサムライ (男) を描いた、山本常朝 「葉隠」 (はがくれ) の有名な一文。
「武士道とは、死ぬことと見つけたり」
もちろん、真意は死ぬことではなく、大意は 「腰抜けではない」 という意味だ。

最後は 「本田圭佑」 がフリーキックを外し 「川島永嗣」 がゴールを守り切れなかった。

日本代表の引退を覚悟した 「日本の硬派」 を、だれが責められましょう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。