2018年06月23日

夏・幕開け

これからは、寝苦しい日が続く。

途中で目覚めては台所で水分を補給し、寝室へは戻らずにリビングのひんやりとしたソファーに寝床を移す日も多かろう。

その度、妻に寝室へ返されるのは、毎年 「夏至」 が過ぎた頃の、わが家の光景となる。
冷房は早すぎるし、窓を全開で不規則な風をとりこむのも不安定で、今は真夏に備え体を慣らす時季。

今年も例によって、近くの中学校の体育館から、万代太鼓の響きがこだましてきた。
夏が幕開けをしたようで、これからも窓の外から、多くの 「夏の音」 を耳にすることになる。

夏の風物詩 「24時間テレビ・愛は地球を救う」 の公式スポンサーのスーパーでは、今年もスタッフがカラフルなTシャツをまとい、イベントに気勢を向けている姿があった。

こうして日常を見渡しても、夏本番に向けた躍動感は迫ってきている。
夏は苦手だけど、その色艶に生命力を感じる季節。

今の時刻は、早朝3時40分。
西の空は、白みはじめている。

梅雨が明けたら、日中の低い空の青さを見ながら、ぼんやりと何を感じているだろうか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。