2018年05月30日

Gentle Way 5

内田前監督が、ウソをついていたことが事実認定された。

同時に日大アメフト部の選手たちからも、チーム一同の見解を示す声明文が発表された。
ただ群れるだけの集団なら、猿の軍団以下だが、確固たる意見をすることで、進歩やコミュニケーションは生まれるから、そのための 「学生一揆」 であれば健全だ。

本来、全体をまとめるのが監督の責務で、主体性をもつのがコーチの役目であろう。
あえて 「ボス猿」 呼ばわりするが、自ら監督の適性があるか自問せず、監督を権力にあぐらをかき、最後は追放処分の制裁を受けた。

悪いボスは、組織で幼虫のころは 「内弁慶」 で、名誉やお金を手にすると 「お山の大将」 に成虫し、最後は 「裸の王様」 に変態してしまうから、周りの人に厚意をもたれていない。
その特徴をいえば 「プライド」 と 「コンプレックス」  「ナルシスト」 と 「サディスト」 の対極分子が紙一重である。

ついに選手たちから、発言に信用性がないと 「真実の目」 を突きつけられた。
稀代の悪とは、追いつめられても平気な顔でウソを吐き、次第にそのウソが本当のことだと思い込む。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。