2018年04月02日

無題雑記 124

一般的に、2日は新年度の初日ということもあり、目覚めの気持ちが違った。

組織に属してないが、長年の会社勤務で残った感覚といえよう。

土曜、妻の一言 「3月がんばったから、日曜はご飯を食べに行こうか」
大したがんばりでもないが、1月の大雪に辛抱し、2月の10周年記念で人の機微に触れ、3月の送別会シーズンに貢献できたとしたら、その言葉にやすらぎを感じた。

一通り、部屋の掃除を終えた夕方。
空気の入れ替えのため、半開にした窓から聞こえてきたチャイムの音。

ハッキリと音が聴きとれるようになった、春への移ろい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。