2017年10月22日

Yes Or No

赤提灯で 「政治にかぶれたおやじ」 のようなことは言わぬ。

民主主義は、多数決でものごとが決まる。
法律の中であれば、どんな手段を高じようが、勝てば権力を手にできる。
それが、基本原則であり、公平にも思えるが、本質を理解していないと、アイドルの総選挙と変わらぬ、多数派工作が征し、そうなると政策の良し悪しでなく、人気で可決してしまうときもあるだろう。

この数年 「安倍」 と聞くだけで 「許さない」 とする、風潮が大きい。
反対派は、どこまでも反対派であり、反対のための反対をしている、不変さにも感じる。
数日前に書いた 「パブロフの犬」 と同じことで、その名を聞いただけで 「ノー」 なんだから、それこそ冷静さを欠いた、囲われた心理かも知れない。

ボクは、与党を支援しているつもりはないし、特定政党もない。
毎回、与党と野党の主張を聞いたうえ 「今回の票」 を投じる。
実は 「心変わりも大事」 で、ひとつの考えにそまりすぎると、全体が見えなくなるばかりか、事あるごと 「 Yes Or No 」 だけに、分けられるものじゃない。
各党、いい主張はあるし、これは与党、あれは野党、その実行能力はあるか、そのための政策整備はできているのか、言わんとしている、その先も想像せねばいけない。

政治を議論する習性はないが、双方向の視点をもつことが、民主主義の原点だと思っている。
それに、筋道を立てて話せる知識もないが、人間の本音でいえば、政策の良し悪しだけでなく、いかに自分の利益につながるかで、投票するんだと思う。
ボクは単細胞だから、確たる思い入れがなければ、お店に来てくれたとか、顔見知りだから、親切にしてくれたなど、公平と矛盾は入り交じるが、そんな程度の庶民感覚なんだよな (笑)
つまり、候補者も有権者も、自分への利益を度外視しない限り、本当の選挙はできない。

今日はあいにく、大荒れの台風だが、これから夫婦で投票所へ出かける。
おたがい、だれに投票して、どこの政党に投じるかもわからない。
夫婦であれ、答えは自分にしかないから、それぞれの意思には干渉しない。

それでも、投票が終わったあと、メシでも食べながら、本音を明かし合うかもね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。